なんで冬に葉を落とすの?

樹木

街路樹も葉を落とし

植物も着々と冬越しの準備を

始めています。

ということで、

今回は落ち葉のお話を。

まず植物には

「落葉樹」と「常緑樹」があります。

文字通り、落葉樹は冬に葉を落とし、

常緑樹は冬も葉を付けています。

では何故冬に葉を落とす植物がいるのでしょうか。

理由は気候と気温にあります。

植物は水を根から吸収していますが、

冬は水分の吸収効率が落ちます。

光合成も気温と深く関係しており、

寒いと光合成効率が落ちます。

また、落葉樹の利点は

積雪時に葉の上に雪が載らない為、

枝が折れにくいことも挙げられます。

このような理由から、

冬は葉を維持するエネルギー効率が

極端に悪いのです。

そこで冬はいっそのこと眠ってしまおう!

という植物が現れました。

クマの冬眠と一緒ですね(*´∀`)

人間と違い何百年、何千年と生きる

樹木が進化してきた一つの形が

「落葉樹」ということです。

ちなみにクヌギやコナラといった植物を

ご存知でしょうか?

ブナ科コナラ属の樹木ですが、

どちらも「落葉樹」の仲間です。

しかし、これらの植物は

冬に葉を枯らしたあと、

枝先に枯れ葉がずっと残っています。

この現象を起こす理由は諸説あるのですが、

一つは祖先が常緑樹だった名残だと考えられています。

落葉する理由が季節の適応能力や

進化の過程である特徴だと思うと

普段あちらこちらで見る樹木も

一本一本頑張って生きていることを

強く感じますね!

ということで今日も植物の豆知識でした。

ではまた~

コメント