「木」と「樹」の違い

樹木

12月12日は「漢字の日」だったそうです。

今年一年の漢字が発表される日でもあります。

そこで本日は題名にあります

「木」と「樹」の違いを紹介します。

とは言っても違いというよりは

「木」の中に「樹」が含まれる形です。

「木」という字を見たとき

皆さんはどういったイメージを想像しますか?

森を想像する人もいれば

木でできた家を想像する人もいると思います。

では「樹」というイメージはどうでしょう?

普通に一本の樹が立っているイメージでしょうか?

樹海を想像する方もいらっしゃるかもしれません。

では答え合わせです。

「木」というのは、

自然の状態で生えている一本の樹木を指します。

それと同時に、

建材や家具材などに加工されたものに対しても

「木」という漢字を使います。

それに対して「樹」という字は

生きている樹木に対してしか使われません。

つまり生きている樹木に対しては

「木」と「樹」は両方当てはまりますが、

一度切ってしまった樹木は「木」と表現され、

「樹」ではなくなるということです。

今日の豆知識も普段セミナー等で

お話させていただいているものでした。

先日の「草」と「木」の違いと一緒で

簡単そうで意外と考えたことがない内容なので、

お友達との話題に如何でしょうか?(・∀・)ノ

ではまた~

コメント