植物にとって今は厳しい環境!?

森林

だいぶお休みをいただいておりましたが

ブログ再開いたします。

まだブログの機能を使いこなせていないので

文字の羅列が続きますが

どうかご容赦ください。

さて前回は植物が陸に進出してきた過程を紹介したので、

今回は現在に至る過程について

ちょっとだけ紹介したいと思います。

陸に上がってきた植物が大きく進化したのは

今から約3億5900万年前です。

高温多湿な環境になったため

湿地帯にはシダ植物が大量に発生しました。

日本で見るシダ植物はあまり大きくないイメージですが、

この時代のシダ植物は

高さ30m以上になるものが

存在していたそうです。

また、この時代はまだ二酸化炭素が多かったため、

植物は光合成を盛んに行い、

酸素は大気の30%を占めていたといわれています。

ちなみに現在の地球の大気における

酸素の割合は20%といわれています。

その後、地球の寒冷化や隕石の衝突により

進化しては絶滅する時代を繰り返しました。

この絶滅は諸説あり、まだ詳しいことが

わかっていない部分が多いため

詳細の説明は割愛させていただきます。

そして2300万年前には

裸子植物が台頭していた時代が終わり、

被子植物が勢力を伸ばしていきます。

また、時期を同じくして

地球は寒冷化していき、乾燥していきました。

その乾燥により地表では草原ができ、

現在いる草食動物の発展に寄与しました。

そして現在のような地球の植生になりました。

つまり過去100年程度の観測で

地球温暖化が騒がれている今日ですが、

はるか昔は今より二酸化炭素の量も多く

地球には氷がない時代の方が普通でした。

そして植物にとってはその時代の方が

光合成に必要な二酸化炭素も多く、

温暖で成長速度も速かったため

天国のような時代だったわけです。

今後の更新で地球温暖化についても

もう少し触れていきたいと思います。

現在騒がれている問題とは

違う視点を提供できたら幸いです。

ということで、少し話がそれましたが

植物が現在に至るまでをざっと説明しました。

また機会があればもう少し詳しく

紹介させていただきたいと思います。

ではまた(*^-^*)

コメント