日本と森林。日本の面積は3分の2が森林!

林業

先日の雪は皆さん大丈夫でしたでしょうか?

私はアパートのエレベーター前で

盛大に滑って妻に爆笑されました。苦笑

4年前にも大雪がありましたが、

商品として育てていたマテバシイ等の

葉っぱの大きな常緑樹が

軒並み折れてしまった苦い経験を思い出します。(-_-;)

さて本日は題名にもある通り

日本の森林面積について

少し紹介したいと思います。

森林大国と呼ばれながら

様々な問題が騒がれる日本の森林について、

その原点に触れてみたいと思います。

まず、日本の国土面積3780万ヘクタールの内、

森林面積は2508万ヘクタールあります。

つまり国土の3分の2が森林だということになります。

また、この森林面積の内、

1343万ヘクタールが天然林です。

この天然林には、旧薪炭林と呼ばれる

薪をとるための広葉樹林や

里山も含まれています。

つまり、日本の森林は

6割が天然林、4割が人工林ということです。

国土と人工林の割合で計算すると、

約27%の国土が人口林ということになります。

以上の数字を見ると、

国土の4分の1は

人によって管理されている森林です。

しかしながら、今日の日本では

ほとんどの人工林で

管理が行き届いていない状態です。

この原因は木材単価が安く

経費にあった収入が作れないことや、

海外の安い木材が輸入されていること、

仕事がキツそうなイメージから

担い手が増えないことなどが挙げられます。

現状を打破するために国や自治体が

いろいろな施策をしていますが、

決定打のない状態が続いています。

ただ、国土の4分の1が管理されていない現状に

危機感を覚えざるを得ません。

と言うことで、

まずは現状の周知から始めたいと思い

ブログに書いてみました。

日本の施策や新しい動きなども

今後紹介していければと思います。

ではまた。(^^)/

コメント