雪の日に庭の植物で注意すべきポイントと管理方法

樹木

昨日は雪が降り、都心でも芝の上や植物の上には雪が積もりました。交通機関が停止したり事故にもつながりやすい雪ですが、植物にとっても雪が良い方向に働かないことが多いです。雪の性で葉が痛んだり、枝折れしたりと、植物にとって大きなダメージを受けることがあります。今回は、雪が降ったときに植物に対してどういったことをしてあげれば良いかを、その植物の特徴を踏まえて紹介します。

 

落葉樹と常緑樹の雪に対する耐性

樹木には落葉樹と常緑樹があります。落葉樹は秋から冬にかけて葉を落とすため、冬場は幹と枝の状態になります。この状態であれば雪は積もりにくく、被害を受けることは少なくなります。しかし、常緑樹は冬にも葉がついているため、その上に雪が積もってしまいます。雪が葉の上に積もると、葉が耐え切れなくなる前に枝が耐えきれなくなって折れてしまうことがあります。これは葉の面積の大きい樹木でよく見らます。マテバシイは徒長枝(とちょうし)が出やすく、枝折れしやすい樹木の一種です。春から夏場に一気に伸びる徒長枝は長さに対して枝の太さが細く、暴風や雪の負荷に弱い枝です。この徒長枝に雪が積もると、重さに耐えきれなくなり折れてしまいます。特に強剪定した後は徒長枝が出やすいので、注意が必要です。

 

針葉樹と広葉樹の雪に対する耐性

針葉樹はマツやスギ、ヒノキなどの植物を指し、葉っぱが針形をしている植物の仲間です。針葉樹は葉が針形のため、雪の積もる面積が少ないため、常緑でも雪が積もりにくい性質があります。また針葉樹は樹形が三角錐になる性質が強いため、一か所に大量の雪が積もることは稀です。

逆に広葉樹は葉の面積があり、雪が積もりやすくなっています。葉の上に雪が積もると枝から折れてしまいます。しかし照葉樹という仲間は雪が積もりにくい性質があります。照葉樹とはツバキなど、葉の表面がつるつるしている仲間を指します。照葉樹は雪が積もっても葉と雪の抵抗が少ないため、みぞれであったり、雪が少し溶け出せば簡単に雪が落ちてしまいます。逆にツツジやシャクナゲの仲間は葉に細かい毛が生えており、雪と葉の抵抗が強く、雪が滑落しにくいです。街路樹を見ても、ツツジの上は真っ先に白くなっていくのが分かります。

 

草本植物の雪に対する耐性

草本の植物も雪への耐性は種類によって違います。身長が高い草本植物は雪の重さでうなだれて、茎が痛んでしまうことがあります。また、雪に埋もれた葉は痛むことがあるので注意が必要です。また、寒さに対する耐性にも注意が必要です。冬越し出来る植物を買ったとしても、雪に弱い植物がたくさんいます。特に、もともと南国の植物だったりすると、冬越し出来ても雪で枯れてしまうことがあります。

 

降雪時の対策

まず、鉢物の植物は雪の積もらない場所に移してあげましょう。玄関や軒下、また樹木の根元でも良いと思います。雪で傷まないようにしてあげることが大切です。また、鉢が大きくて動かせない場合は、雪が降り終わった後に積雪を除去してあげましょう。

庭に植わっている植物は、降雪量によって対処していくことが必要です。上記で解説した通り、高さのある植物は雪によって地面につぶされてしまいます。茎頂に雪が付着し、倒れやすいタイプは、途中で雪を取ってあげたり、または降雪が終わり次第、雪を除去してあげることが大切です。雪の中に埋もれたままにしておくと、その格好で癖がついてしまい、変な形の植物になってしまいます。

樹木について、落葉樹や針葉樹は基本的に対策は必要ないでしょう。常緑広葉樹は被害が出やすいので注意が必要です。特に葉の表面積が多いマテバシイ、ロドレイヤ、西洋シャクナゲなどは枝が折れやすくなっています。また、クスノキのような枝が折れやすい樹木も注意が必要です。積雪が確認されたら枝や幹を揺らして、雪を落としてあげましょう。この時、雪が頭上から落下してくる可能性があるので、とても危険な作業になります。箒や長い棒状のもので、少しずつ雪を落としていくことが大切です。とくに朝方は雪の塊が凍っているので、くれぐれも雪の下には入らないようにしてください。安全第一です。

 

以上、降雪時における植物の対策法でした。雪の日の作業は悪条件のオンパレードです。足元が悪く、視界が悪く、寒さで思考も鈍ります。しっかり準備をして行うようにしてください。また、降雪時は基本的に作業厳禁です。命優先で作業をお願いします。毎年のように雪下ろしで亡くなる方がいらっしゃいます。他人事だと思わず、慎重に行動を選択してください。

また、常緑樹については枝折れがしにくいように剪定しておくことも大切です。1年を通してリスク管理をしておくと後々楽になるでしょう。

最後に雪と植物に関する豆知識記事を紹介して終わりにします。お読みいただきありがとうございました。

ではまた。

 

関連記事

樹木が寒さに耐えられる理由!

樹木も冬に病気にかかる!?

コメント