人々を魅了し続ける枯山水の歴史

庭、ガーデニング

和風の庭園というと、ちょっと敷居が高く敬遠する方が多いかもしれませんが、枯山水を知らない方は少ないでしょう。京都の龍安寺や銀閣寺で、枯山水を見たことがある方も多いと思います。最近では屋上緑化の一環で、枯山水を設けている場所も見られます。和風庭園の中でも、なぜ枯山水は現代まで愛され続けているのでしょうか?今回は枯山水の歴史や誕生した背景について紹介していきます。

日本庭園の分類と枯山水が主流になるまでの流れ

和風の庭というと、マツが植わっていたり、枯山水があったりというイメージだと思います。大きなお寺や立派なホテルの日本庭園では、池や川があるところも多いです。これらの庭園はまとめて「日本庭園」にされがちですが、形態や特徴によって分類できるので、歴史を踏まえた庭園の分類を紹介していきます。

まず一つ目は池のある池泉庭園です。池泉庭園は平安時代に最も栄えた庭園様式です。その時代、貴族の間では広大な土地に池や山を築く池泉庭園が流行りました。池泉庭園では、池に船を浮かべて回る舟遊式と、池の周りや浮島に橋を渡して庭を歩く廻遊式の2つの鑑賞法式があります。この池泉庭園は貴族たちが自然を楽しむのと同時に、権力の象徴にもなっていました。

歴史の流れの中で、池泉庭園の次に誕生した庭園が枯山水です。鎌倉時代には、庭園は禅の修行の場として発展していきました。きれいな自然を楽しむための池泉庭園から、修行に合わせて険しい山岳のイメージを庭園に持ち込んだ結果、たどり着いた庭園の様式がこの枯山水でした。枯滝や枯山水のいで立ちに、渓谷の激しい水の流れやうねり、海の荒々しさなど水の情景を感じることが悟りへの入り口だったとされています。

枯山水庭園の後は、茶道と共に茶庭(露地)ができました。茶庭は今までの池泉庭園や枯山水の様式とは異なり、樹木や苔、岩をふんだんに使い、自然の中に入り込んだような作りをしています。

その後、江戸時代以降の庭園は、舟遊式、廻遊式両方を兼ね備えた池泉庭園ができたり、枯山水や茶庭、壺庭などが合わさった庭園が発達しました。今回は枯山水の回なので詳しい近代の庭園様式についての説明は省きます。

枯山水の誕生

上記では、鎌倉時代あたりの年代から枯山水が浸透したことを説明をしましたが、実はその前から枯山水という庭の様式はありました。世界最古の作庭書である平安時代後期に書かれた「作庭記」では、水を使用せず石だけで山水を表す枯山水の記述があります。この作庭記によって、もともと枯山水は池泉庭園の一部に組み込まれていた石組だったことが分かりました。

しかし、池泉庭園を作るには土地、財力、人手などのハードルがありました。そんな中、1467~1477年に起こった応仁の乱により、京都の池泉庭園はことごとく破壊されてしまいます。長期の戦闘により経済的にも苦しくなった権力者たちは、かつての様な雄大な池泉庭園を作ることが出来なくなってしまいました。そこで表舞台に立ってきたのが枯山水です。

枯山水は面積も少なく、水も引かずにできる庭園だったため、瞬く間に広がりました。また、この枯山水の自然を縮小して表現した発想が禅の精神と通じたため、室町時代にかけて主流の庭園様式となりました。

このように枯山水は禅の精神を伝え、また我々を癒してくれる存在として今もなお愛され続けているわけです。

 

以上、枯山水がここまで広がった経緯の紹介でした。時代の栄枯盛衰によって庭も形を変えている、ということを伝えたく今回は枯山水を記事の題材にしました。現代の庭も維持するのが大変なイメージがあり衰退気味です。しかし、小さな庭やちょっとした植栽でストレスを軽減したり、家族や近所、友人とのコミュニケーションのきっかけになるのも庭の良いところです。生活のバランスの中で、個々に合った庭を持ち、幸福につなげていける方が増えることを願っています。このブログでは庭のメリットやおススメの植栽、管理方法などの記事もあげているので、ぜひご一読いただければと思います。

 

ではまた。

関連記事
庭に植えるならこの木!おススメの樹木5種!!
森林浴がガンを抑制することが科学的に明らかになった件。

コメント