アカシデの特徴と育て方

植物図鑑

アカシデ(Carpinus laxiflora)

〇科名:カバノキ科

〇和名由来:新芽が赤く、花がしめ縄や玉串の四手に似ていることから

〇学名由来:「Car」=ケルト語で木の意+「pin」=頭

「laxiflora」=疎らな花

〇別名:アカメソロ、ソロノキ、ソロ、シデノキ、コシデなど

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道から九州、中国、朝鮮半島

 

〇葉の特徴
卵上楕円形で、葉先は尾状に尖る。
不揃いの鋸歯がある。

〇花の特徴
長さ4~8㎝花穂が垂れ下がる。
雌花は枝先に咲き、雄花は中枝で咲く。

〇実、種子の特徴
果苞(かほう:雌しべが葉状に変形したもの)に
包まれた堅果をつける。

〇幹、枝の特徴
灰色で滑らかに隆起した樹皮。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
選ばない

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
一般的な落葉樹の管理方法と同じく、
5月頃に徒長枝を詰め、休眠期に剪定を行う。
休眠期の剪定は枝先の雌花を切ってしまうので残したい人は注意。
成長もあまり早くないので育てやすい。

〇病虫害

・黒斑病
夏から秋にかけて、葉に小さな黒い斑模様ができる。
樹勢の悪化や落葉はみられない。
美観を損ねるので、病葉は早期に焼却処分する。

・ハンノキキクイムシ
成虫はの体調は2mm前後。体は黒褐色で光沢がある。
幹や枝の中で越冬する。産室で共生菌を育て、幼虫の餌とする。
寄生された樹木は被害を広げないようにするため焼却処分する。
樹勢が弱ると寄生される傾向がある。

〇利用、豆知識
秋にきれいなオレンジ色の紅葉をする樹木。
雑木の庭におススメ。

材は床材や家具に使われる。
肥大成長が均一ではないため、面白い模様の材が取れる。

盆栽でも利用される。

コメント