ウバメガシの特徴と育て方

植物図鑑

ウバメガシ( Quercus phillyraeoides)

〇科名:ブナ科

〇和名由来:新芽が茶褐色のため姥芽から

〇学名由来:「Quer」=ケルト語で良質の+「cuez」=木材。
種名は「phillyaea」=モクセイ属に似たの意。

〇別名:ウマメガシ、イマメガシ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄同株

〇分布:神奈川県以西の海岸沿い

 

〇葉の特徴
倒卵形、または長楕円形で、葉が厚い。
状半部に鋸歯がある。
両面の主脈に沿って毛が生える。

〇花の特徴
多数の垂れ下がった黄色い小さな花をつける。

〇実、種子の特徴
長さ2㎝程の堅果(どんぐり)をつける。

〇幹、枝の特徴
若い時は灰色で平滑だが、
だんだん裂け目ができて暗い色になっていく。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
新芽が固まる5~6月頃に剪定し、
9~10月頃にもう一度整枝する。
また、真夏や厳冬期の剪定は避けるようにする。
刈込剪定が一般的。

〇病虫害

・紫かび病
うどんこ病の一種。
夏前に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付く。
秋になると灰褐色になり、厚いビロード状となる。
葉の裏に発生した場合は褐色~濃紫色の菌のビロード状の塊が付着し、
病斑の周りが黄色くなる。
発生が確認されたら病葉は焼却処分する。
また、散布用の殺菌剤を1~2週間おきに散布する。

〇利用、豆知識
備長炭の原材料として有名な樹木。
刈込にも耐えるため生垣にもよく利用される。

対潮性も強いため、海岸沿いにもよく植えられる。

和歌山県の県木。

コメント