エンジュの特徴と育て方

植物図鑑

エンジュ( Styphonolobium japonicum)

〇科名:マメ科

〇和名由来:古名エニスの転訛。

〇学名由来:「japonica」=日本の

〇別名:コヤスノキ、カイジュ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:中国原産

 

〇葉の特徴
葉は互生し、4~7対の奇数羽状複葉。
葉の長さは15~25㎝程度。縁は全縁。
葉裏は灰白色で毛が生えている。

〇花の特徴
夏、淡黄色の小形蝶形花が複総状花序に咲く。

〇実、種子の特徴
マメ科特有の莢果(きょうか)(=豆果)をつける。

〇幹、枝の特徴
若い枝は青く、光合成を行っている。
樹齢が経つにつれ灰褐色になり、縦方向に樹皮が割れる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
痩せた土地でもよく育つが大きくなるので
植える場所は注意が必要。
大きくしたくなければシダレエンジュという品種があるので
そちらをおススメする。
剪定は枝の元から落とす。
太い枝を剪定した場合は塗付用の殺菌剤を塗る。

〇病虫害

・がんしゅ病
樹幹や枝に発生し、罹病部が膨らむ。
罹病部は風などの衝撃で折れやすくなっている。
見つけ次第切除し、焼却処分する。
また、剪定痕には塗付用の殺菌剤を塗ると予防になる。

〇利用、豆知識
自然風の庭や和風の庭に合う樹木。大きくなるので管理は大変。
耐潮性があるため、海岸沿いに植えられる。

中国の周代では朝廷の庭に3本のエンジュを植えて、
最高位の官職である3人(三公)がこのエンジュに向かって座した。
そのことから三公を三槐(さんかい)と呼ばれた。

若葉を茹でて食用にしていた歴史がある。
飢饉時には救荒食糧に使われた。

材は光沢が美しく、建築材や家具に使われる。

コメント