ナナカマドの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ナナカマド( Sorbus commixta)

ナナカマドの特徴

ナナカマドの科名・属名

バラ科ナナカマド属

 

ナナカマドの和名由来

材が燃えにくく、七回窯に入れても燃え残ることから

 

ナナカマドの学名由来

「Sorbus」=ナナカマドのラテン古名
「commixta」=混合した

ナナカマドの別名

ライデンボク、カタスミ

 

ナナカマドの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ナナカマドの分布

日本全土の山地

 

ナナカマドの葉の特徴

葉は奇数羽状複葉で互生する。小葉の数は9~17枚。
小葉の先は尾状に伸びる。
葉の表は濃緑色、裏は淡緑色。
秋には紅葉する。

 

ナナカマドの花の特徴

初夏の頃、枝先に白い5弁花が密生する。

 

ナナカマドの実、種子の特徴

直径5㎜程度の球形で赤熟して垂れる。

 

ナナカマドの樹皮、枝の特徴

平滑で皮目が目立つ。サクラの樹皮に似ている。
樹齢が経つと不規則に裂ける。

 

ナナカマドの育て方

ナナカマドの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ナナカマドの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ナナカマドの管理方法

土壌は選ばない。剪定を嫌うため、自然樹形を楽しむ。
胴枯れ病に罹患しやすいため、
強剪定や支柱などで幹に傷をつけると枯れやすい。

 

ナナカマドの病虫害

・レウコストマ胴枯病
幹および枝に発生する。細い枝が罹病すると枝が枯れる。
太い枝や幹が罹患するとがんしゅを発生させ、樹勢が衰える。
病原菌は凍寒害、虫害痕、傷口等から侵入する。
枝の罹病部は剪定で切り取り焼却処分する。
幹の罹病部は削り取り、殺菌剤を塗付する。

 

 

ナナカマドの豆知識

和風のや雑木の庭によく使う樹木。
秋に真っ赤な果実と紅葉が楽しめる。

材は耐久力が強く、車両材や彫刻などに使われる。

ナナカマドの木炭は極上品として扱われる。

北欧神話では、雷神トールが大洪水の時に
ナナカマドに救われたとされ、
船を作るときはナナカマドの板を一枚使用し、
水難除けとした。

日本でも雷除けとして
ナナカマドを植える風習がある。

 

コメント