ブナの特徴と育て方

植物図鑑

ブナ( Fagus crenata)

〇科名:ブナ科

〇和名由来:不詳

〇学名由来:「Fagus」=食べるに由来するラテン古名。実を食べたため。

〇別名:ブナノキ、ホンブナ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道南部~九州の温帯の山地

 

〇葉の特徴
葉は5~8㎝の卵形ないし広卵形で互生する。
葉の表は濃緑色、裏は緑色。
新葉には全体に毛が生えているが
後に葉脈だけに毛が残る。
落葉せず、茶色い葉が冬にも残ることが多い。

〇花の特徴
春に新しい枝の葉腋から淡緑色の細花をつける。

〇実、種子の特徴
果実は卵状。柔らかい棘のある殻に2個の種子が入っている。
熟すと4裂し、種子が出てくる。

〇幹、枝の特徴
灰色で平滑。地衣類が付き、緑や褐色の斑模様になる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
苗や稚樹は日向を好む。やや湿潤で肥沃な土地をでよく生育する。
成長はゆっくりで育てやすい。

〇病虫害

・ウエツキブナハムシ
幼虫は大きいもので1㎝程度。背面が黒色で腹面は黄褐色。
成虫は6㎝前後で全体が濃黄褐色で短毛がある。
成虫は6~7月に羽化し、ブナの葉を食害する。
しばしば大きな被害を与える。
対処は幼虫を捕殺する。

〇利用、豆知識
和風や雑木の庭によく使う樹木。
秋に黄葉が楽しめる。

実は食用とする。
また、灯油や食用油を抽出する。

材は固く緻密で、家具、器具、枕木などに使われる。
燃焼に強いためガラスの木型としても使われる。

青森と秋田の県境にまたがる白神山地がブナで有名。
1993年に世界自然遺産に指定された。

コメント