センダンの特徴と育て方

植物図鑑

センダン( Meria azedanch)

〇科名:センダン科

〇和名由来:実がたくさんつくことから「千珠:センダマ」の転

〇学名由来:「Meria」= ギリシャ語でトネリコ

〇別名:オウチ、センダ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:本州、四国、九州

 

〇葉の特徴
葉は30~100㎝の2~3回奇数羽状複葉。
小葉は3~6㎝で卵形。
小葉の縁には粗い鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の色は表、裏ともに緑色。

〇花の特徴
5~6月に円錐花序の淡紫色の小花をつける。

〇実、種子の特徴
枝いっぱいに球形の果実をつける。

〇幹、枝の特徴
若い幹は濃い茶色で皮目が目立つ。
成木は灰色で樹皮が縦に裂ける。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
成長は速度は速い。潮害に耐える。
自然樹形を保つため、細かい剪定はNG。

〇病虫害
・こぶ病
幹や枝、葉柄に発生する。
発生初期はざらざらとしたいぼ状の突起ができ、
年々肥大して亀裂のあるこぶ状の組織になる。
見つけ次第速やかに罹病枝を切除し処分する。

 

〇利用、豆知識

成長が早いため、庭木にはあまり適さない。
学校や公共施設、公園、街路樹などに植えられる。

潮風に耐えるため、海岸林によく自生する。

材は美しく、家具や建材に使われる。
新しい林業樹種としても注目されている。

江戸時代には処刑場の周辺に植えられ、
「棺桶の木」と呼ばれていた。
そのことから、棺桶材や火葬の薪としても使われていた。

コメント