ツクバネガシの特徴と育て方

植物図鑑

ツクバネガシ( Quercus sessilifolia)

〇科名:ブナ科

〇和名由来:枝の先端に付く葉がつくばねに似るため

〇学名由来:「Quer」=ケルト語で良質の+「cuez」=木材。

〇別名:メンガシ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄同株

〇分布:福島、石川以南

 

〇葉の特徴
葉は5~12㎝で長楕円状倒卵披針形。
縁は先端部に鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表面は光沢があり濃緑色で主脈がへこむ。
裏は淡緑色で、主脈が突出している。

〇花の特徴
5月頃に新枝の下部から雄穂が垂れ下がる。
雌花は新枝の上部につく。

〇実、種子の特徴
堅果(どんぐり)をつける。

〇幹、枝の特徴
黒褐色で縦に深い亀裂が入る。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

※熟す果実は昨年のもの

〇管理方法
新芽が固まる5~6月頃に剪定し、9~10月頃にもう一度整枝する。
また、真夏や厳冬期の剪定は避けるようにする。
寒さに比較的弱い。移植は困難。

〇病虫害

・うどんこ病
新葉に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付き、葉が縮れたり波打ったりする。罹病すると成長が抑制される。葉の裏に発生する場合もある。発生が確認されたら病葉は焼却処分する。また、発見したら早期に散布用の殺菌剤を1~2週間おきに散布する。

・紫かび病
うどんこ病の一種。夏前に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付く。秋になると灰褐色になり、厚いビロード状となる。葉の裏に発生した場合は褐色~濃紫色の菌のビロード状の塊が付着し、病斑の周りが黄色くなる。発生が確認されたら病葉は焼却処分する。また、散布用の殺菌剤を1~2週間おきに散布する。

 

〇利用、豆知識
和風、雑木の庭に合う。
海岸近くでも耐えることがある。

材は重く、紫檀の模擬材として使われる。
木目が美しいため、楽器や床柱に使用される。

シイタケの榾木としても利用される。

アカガシとの交配種にオオツクバネガシという品種がある。

コメント