ヤマボウシの特徴と育て方

植物図鑑

ヤマボウシ( Benthamidia japonica)

〇科名:ミズキ科

〇和名由来:蕾を坊主頭に、白い萼を頭巾とし、法師に見立てたことから。

〇学名由来:「japonica」=日本の の意。

〇別名:ヤマグワ、イツキ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:本州、四国、九州の山地

 

〇葉の特徴
葉は楕円形または卵形で対生する。
縁は全縁、または浅い鋸歯がある。
葉の裏、表共に毛が散生し、特に葉裏の脈液には
黒褐色の毛が密生する。

〇花の特徴
花弁に見える部分はがく。
中心に集まっている部分が花。(頭状花序という)

〇実、種子の特徴
10月頃から球形の赤い実をつける。
実は食べられる。

〇幹、枝の特徴
若木はくすんだ灰色で平滑。
樹齢と共に樹皮が鱗状に剥がれ落ち、斑模様になる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
剪定は落葉後に行うようにする。
落葉期には花芽と葉芽の見分けがつきやすくなっているので、
尖っている葉芽の枝を抜くように剪定する。
新芽が出てくると炭疽病やうどんこ病にかかることがある。
罹病葉を見つけたら殺菌剤を散布する。

〇病虫害

・うどんこ病
新葉に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付き、葉が縮れたり波打ったりする。罹病すると成長が抑制される。葉の裏に発生する場合もある。発生が確認されたら病葉は焼却処分する。また、発見したら早期に散布用の殺菌剤を1~2週間おきに散布する。

・炭疽病
葉や葉柄に現れる。罹病部は灰褐色または淡褐色の病斑を形成する。病斑の周縁部は濃い褐色をしていることが多い。また、病斑の表面には小さな黒点が形成される。病気が確認された場合は落葉を集め焼却処分する。被害がひどい場合は殺菌剤を散布する。

〇利用、豆知識
洋風、自然風の庭に合う人気の高い樹木。
実も食べることが出来る。

ハナミズキと似るが、花の咲く時期が違い、
ヤマボウシは葉が展開した5月以降に花をつける。
また、花が付いていない時期は
樹皮と葉の裏の毛で見分けることが出来る。

材は下駄、櫛、農具の柄などに用いる。

コメント