シロダモの特徴と育て方

植物図鑑

シロダモ( Neolitsea sericea)

〇科名:クスノキ科

〇和名由来:葉の裏が白いため。タモはタブの転だと考えられている。

〇学名由来:「Neolitsea」=新しいLindleya の意。
「sericea」=絹毛状の の意。

〇別名:シロタブ、タマガラ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄異株

〇分布:宮城、新潟県以西の山野

 

〇葉の特徴
葉の長さは8~18㎝は長楕円形または卵状楕円形で互生する。
縁は全縁で先が鋭く尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は灰白色。
葉脈が目立つ。

〇花の特徴
10月頃に、葉腋に黄褐色の小花が密生する。

〇実、種子の特徴
10月頃に昨年の花から楕円形の赤い実が熟す。

〇幹、枝の特徴
くすんだ灰色で平滑で小さな皮目が散らばる。
虫害で樹皮がボロボロになることがある。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

※昨年の実が熟す

 

〇管理方法
剪定は梅雨前の新芽が固まったころに行う。
新芽が出てくるとうどんこ病にかかることがある。
罹病葉を見つけたら焼却処分し、殺菌剤を散布する。

〇病虫害

・うどんこ病
新葉に発生し、葉の両面に白い粉状の菌が付き、
葉が縮れたり波打ったりする。
罹病すると成長が抑制される。葉の裏に発生する場合もある。
発生が確認されたら病葉は焼却処分する。
また、発見したら早期に散布用の殺菌剤を1~2週間おきに散布する。

・トビイロマルカイガラムシ
雌成虫は体長1.8~2㎜程度。暗褐色で背面はやや隆起し、周辺は淡色。
中央に殻点がある。雄成虫は1㎜程度で黄褐色。
年2~3回発生で、成虫で越冬する。
6月と9月、または5月、7月、9月頃に発生する。
埃っぽいところで発生しやすい。
見つけ次第、罹病葉を切除し処分する。
定期的に剪定を行い、風通しを良くすることで予防になる。

〇利用、豆知識
自然風の庭に合う樹木。

種子の油は「つづ油」と呼ばれ、
ろうそくの原料とする。

材は特に用途はない。

コメント