ソヨゴの特徴と育て方

植物図鑑

ソヨゴ( Ilex pedunculosa)

〇科名:モチノキ科

〇和名由来:葉が揺れて音を立てる様から、戦(そよ)ぐの転。

〇学名由来:「Ilex」=セイヨウヒイラギのラテン名。
「pedunculosa」=花柄のある の意。

〇別名:フクラシバ、ソヨギ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄異株

〇分布:本州、四国、九州の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは4~8㎝程度の卵状楕円形で互生する。
葉の表面は濃緑色で光沢がある。
葉の縁は全縁で波打ち、先端は尖る。
葉裏は淡緑色。

〇花の特徴
6月頃、葉腋に淡紫色の四弁花をつける。

〇実、種子の特徴
雌木は10~11月に球形の実をつけ、赤く熟す。

〇幹、枝の特徴
灰白色で平滑。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
成長が遅いため、剪定は枝先の
透かし剪定を少し行う程度でよい。
剪定は新芽の固まった5~6月に行う。
雌木は花芽を切らないように注意する。
やや乾燥した土地を好む。
根は浅根性なので、根本周辺の除草剤散布は避ける。

〇病虫害

・褐斑病
葉に最初は淡褐色ないし褐色、のちに灰褐色で縁が褐色の
円形の病斑を生ずる。
一枚の葉に1~3個の病斑を生じることが多い。
病斑の表面と裏側には小さい黒点が生じる。
発生しても樹勢にはあまり影響しない。
雨媒、また虫媒伝搬で被害が拡大する。
見つけ次第、罹病葉を焼却処分する。

〇利用、豆知識

和風、洋風など、場所を選ばず植えられる樹木。
近年とても人気のある樹種。

成長はゆっくりで、雌木には赤い実がなる。

別名のフクラシバは、
葉を熱すると葉内水分が膨らむことが由来。

材は算盤の玉や櫛などに使われる。

モチノキ同様、樹皮から鳥もちの原料とする。

葉からは褐色の染料が取れる。

枝葉は神事で使用するサカキの代用にされる。

コメント