アオハダの特徴と育て方

植物図鑑

アオハダ( Ilex macropoda)

〇科名:モチノキ科

〇和名由来:外皮を剥ぐと緑色の内皮をしていることが由来

〇学名由来:「Ilex」=セイヨウヒイラギのラテン名。

〇別名:マルバウメモドキ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄異株

〇分布:北海道~九州の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは4~7㎝程度の卵形、または広卵形。
縁は浅い鋸歯があり、先端は短く尖る。
葉の表面は緑色で細かい毛があり、葉裏は淡緑色。
葉は互生だが、短枝では束生する。
秋には黄葉する。

〇花の特徴
5~6月に白色の四弁花が咲く。

〇実、種子の特徴
雌木は晩夏に赤色の実をつける。

〇幹、枝の特徴
灰白色で平滑。皮目が点在する。
外皮を剥ぐと緑色の内皮が出てくる。
地衣類が発達し、斑模様になることがある。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然樹形が綺麗な樹種なので、剪定はなるべく避ける。
病害虫は少なく、育てやすい。

〇病虫害
・特になし

〇利用、豆知識

和風の庭や雑木の庭によく植えられる樹木。
葉の密度が薄く、近年人気の高い樹木。

雌雄異株で、雌木には赤い実がなる。

材は器具材や寄せ木細工に用いられる。

コメント