ヒメシャラの特徴と育て方

植物図鑑

ヒメシャラ( Stewartia monadelpha)

〇科名:ツバキ科

〇和名由来:ナツツバキより葉が小さいため

〇学名由来:「Stewartia」=イギリスのビュート候、ジョン・スチュアートから。

〇別名:サルタノキ、ヤマチシャ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:神奈川以南~九州の山地に点在

 

〇葉の特徴
葉の長さは3~8㎝程度の長楕円形。
縁は浅い鋸歯があり、先端は細く尖る。
葉の表面は緑色で主脈に毛がある。
葉裏は淡緑色で脈腋に毛がある。
葉は互生する。

〇花の特徴
5月頃に、白色で5枚花弁のツバキに似た花が咲く。

〇実、種子の特徴
果実は卵形で熟すと5裂する。

〇幹、枝の特徴
若い時から樹皮が薄く、細かくはがれ、
橙色の斑模様になる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然樹形が綺麗な樹種なので、剪定は枝先を透くようにする。
陰樹のため、日当たりが良いところに植えると、
枝先から枯れが生じる。

〇病虫害
・チャドクガ
幼虫は大きいもので2.5㎝程度。
頭部は黄褐色で腹部淡黄褐色で黒い縞模様がある。
毒針毛があり、蛹、成虫、卵塊にも付着転移する。
幼虫は4~6月と7~9月の年2回発生する。
幼虫は葉の裏に並んで集まり、食害する。
チャドクガの毛は毒性が強く、触るとかぶれる。
チャドクガの毛が付いた上着を洗濯すると
他の衣類に付着して被害が拡大するので、
ガムテープ等で毛を除去するようにする。
幼虫は捕殺、または適用登録農薬を散布する。

〇利用、豆知識

和風の庭や雑木の庭によく植えられる樹木。
落葉後も赤い樹皮が庭を彩るため、人気が高い。

朝と夕方に霧が発生するような土地に自生するため、
分布地は点在している。

沙羅の樹の代わりとして、寺院によく植えられる。
本物の沙羅の樹(サラソウジュ)とは別物。

コメント