ツブラジイの特徴と育て方

植物図鑑

ツブラジイ( Castanopsis cuspidata)

〇科名:ブナ科

〇和名由来:不詳

〇学名由来:「Castanea」=クリに「opsis」=似た クリに似た の意。
「cuspidata」=急に尖った の意。

〇別名:コジイ、シイ

〇広葉樹・常緑樹・雌雄同株

〇分布:伊豆半島以西の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは4~10㎝程度の卵状長楕円形。
縁は大きい鋸歯があり、先は鋭く尖る。
葉の表面は濃緑色で光沢があり、
葉裏は濃緑褐色で鱗状の毛が生える。
葉は互生する。

〇花の特徴
新枝の葉腋から穂状の雄花を付け、
下部の葉腋に同じく穂状の雌花をつける。

〇実、種子の特徴
果実は球形で黒色の堅果を付ける。

〇幹、枝の特徴
灰白色で平滑。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

※花を付けた翌年に果実は熟す

 

〇管理方法
場所を選ばない、育てやすい樹木。
サルノコシカケの仲間が発生するので、
透かし剪定をして風通しを良くすると防除になる。

〇病虫害
・べっこうたけ病
根系や樹幹下部の傷から侵入し、材を腐朽させる。
病気が進行すると形成層を侵し、樹勢を衰えさせ、
最終的に枯死させる。
感染した樹木の材は白色腐朽を起こすため極めて脆弱となり、
倒木のリスクが高くなる。
子実体(きのこ)はサルノコシカケ型で一年生。
一度感染したら防除法はないため、
支柱で倒木しないように養生する。

その他、キツネカワラタケ、マスタケ、ヒイロタケなど。

〇利用、豆知識

工場緑化や街路樹で使われる樹木。

耐潮性が強いため、海岸沿いでも耐える。

果実は食用となる。
クリやクルミに続く美味しさだと言われる。

材は建築や器具、また薪炭材に使われる。

樹皮はタンニンを多く含むため、染料にされる。

コメント