サルスベリの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

サルスベリ( Lagerstroemia indica)

サルスベリの特徴

サルスベリの科名・属名

ミソハギ科サルスベリ属

 

サルスベリの和名由来

樹皮が滑らかであることから

 

サルスベリの学名由来

「Lagerstroemia」=M・V・ラゲルストロームにちなむ。
「indica」=インド産の の意。

 

サルスベリの別名

サルナメリ、ヒャクジツコウ

 

サルスベリの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

サルスベリの分布

中国南部原産

 

サルスベリの葉の特徴

葉の長さは3~8㎝程度の倒卵状長楕円形。
縁は全縁で、葉先は鈍頭。
葉の表面は濃緑色で主脈上に毛があり、
葉裏は淡黄緑色で脈上に毛が生える。
葉は右、右、左、左と互生する。
これをコクサギ型葉序という。

 

サルスベリの花の特徴

7月から9月にかけて、円錐花序を出す。
花色は白、赤、ピンク、紫と品種に富む。
花弁は6枚で、縮れている。

 

サルスベリの実、種子の特徴

果実は楕円形のさく果を付ける。

 

サルスベリの樹種、枝の特徴

全体の樹皮がはがれ、滑らかになる。
肌色~橙色の斑模様となる。

 

 

サルスベリの特徴

サルスベリの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

サルスベリの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

サルスベリの管理方法

萌芽の発達が凄いので、冬に一気に切り詰めると良い。
同じところで枝を切り続けると、こぶ状に枝が膨れる。
(げんこつ造りと表現することもある。)
このこぶは虫の住処になりやすく、また腐朽が始まりやすいので、
作らないように剪定した方が良い。
強剪定した枝には大きな花が付くが、花数は少なくなる。
弱剪定した枝には小さな花が咲く枝がたくさん付く。
花数を多くしたい場合は、日当たりと肥料が大切。

 

サルスベリの病虫害

・サルスベリフクロカイガラムシ
雌成虫は体長3㎜程度で楕円形をしている。
体は暗赤褐色で、白色の繭状をした分泌物で覆われている。
年に2~3回発生し、卵で越冬する。
すす病を併発し、木を衰弱枯死させることもある。
病気は登録農薬を散布して対処する。
透かし剪定をして、風通しを良くすると発生しにくい。

 

 

サルスベリの豆知識

和風の庭や自然風の庭に用いられることが多い樹種。
剪定は大変だが、花数も多く育てやすい。

品種改良が進んでおり、低木のサルスベリや、
白い斑入りの花が咲く品種などがある。

日本には鎌倉時代以前に中国から渡来したと考えられている。

材は緻密で腐りにくく、
土木杭や床柱、舟材として用いられる。

 

コメント