ハクモクレンの特徴と育て方

植物図鑑

ハクモクレン( Magnolia denudata)

〇科名:モクレン科

〇和名由来:白色のモクレンであることから。

〇学名由来:「Magnolia」=植物学者のP・マグノルから。
「denudata」=露出した の意。

〇別名:ハクレン

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:中国原産

 

〇葉の特徴
葉の長さは8~15㎝で倒卵形または楕円状卵形。
縁は全縁で、葉先は鈍形で突出する。
葉の付き方は互生。
葉の表面は緑色で、裏は淡緑色で葉脈に毛がある。

〇花の特徴
3~4月に、芳香のある白い五弁花を付ける。

〇実、種子の特徴
10月頃に袋果が裂け、橙色に熟した種子が出てくる。

〇幹、枝の特徴
平滑で灰白色。皮目はあまり目立たない。

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
湿壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
太い枝を切ると、切り口から細かい枝が
たくさん吹いてくるので注意。
細根の発達が弱く、移植に弱い。

〇病虫害

特になし。

〇利用、豆知識
和風の庭に使われる樹種。
病虫害も少なく育てやすい。

蕾は漢方で辛夷といい、頭痛や鼻炎に用いられる。

中国では高貴な花木とされ、寺院や宮城に植えられる。

コブシなどモクレン属の台木としても使われる。

コメント