クラファン公開中!りんごのお酒、シードル「とっつぱれ」

雑記

今回は宣伝させて下さい!

今、私達がやっているクラウドファンディングが
動いています。

この度、りんごで作るお酒「シードル」の
プロジェクトが青森で立ち上がり、
商品を作り、販売する運びとなりました。
https://camp-fire.jp/projects/view/156451

シードルとは、りんごを原料に、
ワインのような行程で作ったお酒です。

それでは、私達が作ったシードル「とっつぱれ」を少しだけ説明させて下さい。

 

シードルとは?

聞き馴染みがないかもしれませんが、
実は紀元前からヨーロッパで作られてきた
歴史のある飲み物です。

アメリカやイギリス、スペイン、フランスなどの国で
一般的に飲まれています。

日本でもお酒の多様化が進み、
実はコンビニでも結構置かれています。

しかし、まだ日本でのシードル認知度は低く、
また、日本産のシードルも多くはありません。

 

シードル「とっつぱれ」を作った経緯

今回のプロジェクトは、
主に青森の弘前市で動いています。

青森県と言えば、りんごの産地として有名です。

りんごの産地というと長野県も有名ですが、
生産量にして、なんと3倍も青森県の方が作っています。

しかし、農家の減少の波が
青森のりんご農家にも直撃しています。

この波から、少しでも私達にできる事はないかと
考えた末にたどり着いたのがシードルでした。

そして、どうせ作るなら最高のシードルを作ろう!
ということで商品開発を進め、
完成したのが「とっつぱれ」です。

ちなみにこの「とっつぱれ」の語源は青森の方言であり、「めでたしめでたし」の意味があります。

一日の終わりに、また特別なお祝いの時に
このシードルを飲んでいただきたく、
「とっつぱれ」と命名しました。

 

とっつぱれが特別な理由

とっつぱれは、私達ができる
最大の付加価値をつけて開発しました。

まず、原料であるりんごは日本一のりんごの産地である、
青森県弘前市の「ふじ」を100%使用しております。

そして、お酒を作る上で欠かせない酵母は、
世界自然遺産に登録された白神山地で取れた
「白神こだま酵母」を使っています。

この白神こだま酵母は、
弘前大学の研究により見つかった、
大変貴重な酵母です。

また、今回のとっつぱれは
あえて澱引きという工程を行っていません。

これは、りんごの果実そのものの良さを
最大限に引き出し、飲んで頂くためです。

そのため、お酒自体は少し濁っています。

この濁りに、国産りんごの美味しさが
ギュッと詰まっています。

 

私達はこの「とっつぱれ」を持って、
先日ネットTVに出演してきました。

FRESH LIVEというAbemaTVがやっているコンテンツで、
その中の、「堀江貴文のビジネスジャッジ」という番組で
ビジネスのプレゼンをしてきました。

そこで、堀江貴文さんと
サイバーエージェント社長の藤田さんに飲んでいただき、
「美味しい!」と言っていただけました!

この効果もあり、現在も支援してくださる方が
どんどん増えています。

以下のURLで番組を見られるので、お時間がある時に、見ていただければさいわいです。https://m.youtube.com/watch?v=vUSBRP1V2nM&feature=youtu.be

 

美食家でもある二人を唸らせた逸品を
ぜひ飲んでみてください!

 

また、現在キャンペーン実施中です!

とっつぱれのTwitterアカウントのフォローと
キャンペーンのツイートのRTで、
堀江貴文さんのサイン入りとっつぱれが
抽選で1名様に当たります!

ぜひ応募してみてください!

 

 

ということで、がっつり宣伝でした!

本当に美味しいものができたので、
ぜひ一人でも多くの人に
味わっていただけたら幸いです。

残り一週間ちょっとで
クラファンが終わってしまうので、
ご支援の程、何とぞよろしくお願いします!

 

ではまた。

コメント