エノキの特徴と育て方

植物図鑑

エノキ( Celtis sinensis var japonica)

〇科名:ニレ科

〇和名由来:枝の多い木から「枝(え)の木」。諸説あり。

〇学名由来:「Celtis」=ホメロスが甘い果実につけた名前。
「sinensis」=中国の の意。

〇別名:エノミ、エノミノキ、ヨノキ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:本州~九州の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは4~10㎝広卵形、または楕円形。
縁は上部に鈍い鋸歯があり、葉先は鋭尖頭。
葉の表面はやや暗緑色で、裏は緑色で3本の葉脈が目立つ。
秋は黄葉する。

〇花の特徴
春、新葉と同時に淡黄色の小花を咲かす。

〇実、種子の特徴
秋に赤褐色に熟し、果実は甘い。

〇幹、枝の特徴
小さな被目が目立ち、ざらつく。
樹皮の色は灰白色ないし灰褐色。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
成長は早い。
日本の国蝶であるオオムラサキの食餌木なので、
薬剤散布には十分注意する。

 

〇病虫害
・環紋葉枯病
Grovesinia pyramidalisが原因菌となる。
比較的湿潤状態が続くと発生しやすい。
輪紋が発生すると大型化し、葉枯れを起こし落葉する。
病原菌は落葉した葉の上に菌核を生じ、越冬する。
防除は発病した年の秋に、落葉を全て焼却処分する。
または登録農薬で防除する。

 

〇利用、豆知識

成長が早く、街路樹や公園、工場緑化などに用いられる。

かつては里程木として用いられ、
一里塚の指標として一定の距離間隔で植えられていた。

実は甘く、生食できる。

材は淡黄灰色で硬く、建築材や器具材に使われる。

榎の漢字は、中国では別の樹種に使われている。

オオムラサキとゴマダラチョウの食木。

 

コメント