ハルニレの特徴と育て方

植物図鑑

ハルニレ( Ulmus davidiana )

〇科名:ニレ科

〇和名由来:春に花を付ける

〇学名由来:「Ulmus」=ニレのケルト語elmのラテン名。
「davidiana」=中国の植物採集家 A・ダビッドの の意。

〇別名:ニレ、ネリ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道、本州、四国の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは5~15㎝で倒卵形または倒卵状楕円形。
縁は重鋸歯があり、葉先は急に鋭く尖る。
基部はくさび型となり左右非対称の葉となる。
主脈を対象にして枝側が大きくなる。
葉の表面は濃緑色で微毛がありざらざらしている。
裏は淡緑色で脈沿いに短毛が密生する。

〇花の特徴
春、新葉と同時に黄緑色の小花を咲かす。
葯が赤褐色で目立つ。

〇実、種子の特徴
果実は倒卵形で翼が目立つ。

〇幹、枝の特徴
灰白色で縦に細かく裂ける。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
耐潮性があり、海岸近くでも耐えることがある。
病虫害は多いが生命力は強く、枯損しにくい。
ベッコウタケ等の腐朽菌害が見られるので、
太い枝の剪定は極力避けるようにする。
浅根性のため、広い植生基盤が必要。

 

〇病虫害
・黒斑病
春、新葉が展開した直後、黒色の小さな点を円環状に群生させる。
病葉は夏ごろに早期落葉する。
発生生態はまだ詳しくわかっていない。
落葉した葉は焼却処分する。

・べっこうたけ病
根系や樹幹下部の傷から侵入し、材を腐朽させる。
病気が進行すると形成層を侵し、樹勢を衰えさせ、
最終的に枯死させる。
感染した樹木の材は白色腐朽を起こすため極めて脆弱となり、
倒木のリスクが高くなる。
子実体(きのこ)はサルノコシカケ型で一年生。
一度感染したら防除法はないため、
支柱で倒木しないように養生する。

 

〇利用、豆知識

北国の公園木の代表樹種。

高さ30m以上になることがあるので、
一般家庭の庭には不向き。

板材として建築や家具に使用される。
アイヌではハルニレの材で舟を作ることがある。

コメント