アキニレの特徴と育て方

植物図鑑

アキニレ( Ulmus parvifolia )

〇科名:ニレ科

〇和名由来:秋に花や実が付くため

〇学名由来:「Ulmus」=ニレのケルト語elmのラテン名。
「parvifolia」=小型の葉 の意。

〇別名:イシゲヤキ、カワラゲヤキ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:本州中部以西の山地

 

〇葉の特徴
葉の長さは2~6㎝で倒卵形または長卵形。
縁は鈍鋸歯で葉先は鈍頭。
基部はくさび型となり左右非対称の葉となる。
葉の表面は濃緑色で光沢があり、主脈の上に細かい毛が生える。
裏は淡緑色で脈腋に短毛が密生する。

〇花の特徴
秋に淡黄色の小花を咲かす。
大きな葯が目立つ。

〇実、種子の特徴
果実は倒卵形で翼が目立つ。

〇幹、枝の特徴
うろこ状に剥がれ落ち、橙色や褐色の斑模様になる。
粒状の皮目が目立つ。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
耐潮性があり、海岸近くでも耐える。
病虫害は少ない。
浅根性のため、広い植生基盤が必要。
挿し木による増殖が可能。

 

〇病虫害

・特になし

 

〇利用、豆知識

海岸沿いの街路樹などに使用される。

自然下では痩せた土地などの先駆樹種として生育する。
大気汚染にも強く、強健な樹種。

材は硬く、車の心材や挽物細工、器具材に使われる。

コメント