オヒョウの特徴と育て方

植物図鑑

オヒョウ( Ulmus laciniata )

〇科名:ニレ科

〇和名由来:アイヌ名「オピウ」の転。

〇学名由来:「Ulmus」=ニレのケルト語elmのラテン名。
「laciniata」=細かく裂けた の意。

〇別名:アツシ、

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道~九州の山地(鹿児島を除く)

 

〇葉の特徴
葉の長さは7~15㎝で倒卵形または広卵形。
縁は3~5裂し、重鋸歯で葉先は鋭く尖る。
基部はくさび型となり左右非対称の葉となる。
葉の両面に短毛が付き、ザラザラする。
0.3~0.7㎜位の短い葉柄が付く。

〇花の特徴
春に淡黄緑色の小花を密に咲かす。

〇実、種子の特徴
果実は倒卵形で翼が目立つ。

〇幹、枝の特徴
灰白色で縦に細かく裂ける。
網目状に裂けて樹皮がはがれる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟時期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、
剪定は枝元から抜くようにして行う。
病虫害は少ない。
浅根性のため、広い植生基盤が必要。

 

〇病虫害

・特になし

 

〇利用、豆知識

葉の形が不規則で特徴のある樹木。
公園樹として利用される。

九州まで分布しているが、
寒冷地の谷沿いに多く分布している。

樹皮が丈夫なため、アイヌの厚司織に用いられる。
厚司織とは若いオヒョウの樹皮を剥ぎ、
水にさらして樹皮を裂き、糸で紡いだもの。

材は黄褐色で軽く、曲木や薪炭材として用いられる。

コメント