クリの特徴と育て方

植物図鑑

クリ( Castanea crenata)

〇科名:ブナ科

〇和名由来:果皮の色から黒の転。諸説あり。

〇学名由来:「Castanea 」=ギリシャ名「castana」のラテン古名。
「crenata」=円鋸歯の の意

〇別名:クル、クルコ、ヤム

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:日本各地の山野

 

〇葉の特徴
葉は7~20㎝の狭長楕円形で互生する。
縁には針状の鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色でやや光沢がある。
裏は灰緑色で葉脈上に星状毛がある。

〇花の特徴
5~6月に新枝の基部から黄白色の雄花の尾状花穂が垂れ下がる。
雌花はその下方に数個咲く。
花には独特の甘い匂いがする。

〇実、種子の特徴
果実はいがの中に堅果が2~3個熟す。

〇幹、枝の特徴
若い木は暗い茶色で平滑。
小さい菱形の皮目が目立つ。
成木になると灰色で縦に裂ける。

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
成長は早い。環境適性が広く育てやすい。
自然系が美しいので剪定は透かすようにする。
日蔭には弱い。
クリは自家受粉だと結実率が悪いので2種以上を一緒に植えると良い。

〇病虫害

・クリ胴枯病
主に主幹や枝に発生する。
始め樹皮の一部が赤褐色に変色し凹む。
後に罹病部の表面に小さな黄橙埴の粒(子座)が生じる。
子座が熟成すると胞子を放出する。
樹皮下で淡黄色の菌糸を伸ばし、枝周りを一周すると枯死する。
密植時に多く見られる病気なので、
間隔をあけて植樹することが防除に繋がる。
施肥も防除に繋がる。
枯死枝は速やかに処分し、切り口に塗付用殺菌材を塗る。

・クリタマバチ
成虫の体長は2.5~3.0㎜。全体が黒色で光沢があるハチの仲間。
足は黄褐色で翅は透明。
年一回発生で芽の組織内に若齢幼虫で越冬する。
春に伸長成長と共に害が発生する。
6月頃に羽化するが、虫こぶ内から脱出するのは
6月下旬~7月上旬。その後、新しい芽に産卵する。
抵抗性品種を栽培するか、成虫発生期に農薬散布で防除する。

 

〇利用、豆知識
雑木の庭によく合う樹木。
大きくなるので植樹場所はスペースが必要。

堅果の果皮と渋皮を向いて食用とする。

クリの材は硬く腐朽しにくいので枕木や建築材に用いる。

樹皮のタンニンは染料やなめし皮に用いる。

クリは縄文時代の遺跡からも出土し、
古来から重要な食糧とされてきた。

1904年、ニューヨークでクリ胴枯病が確認され、
その後瞬く間に被害が拡大し、わずか50年で
北アメリカの天然のアメリカグリが駆逐された。
原因菌はDNA鑑定により、日本産の菌だということが判明した。

コメント