ウダイカンバの特徴と育て方

植物図鑑

ウダイカンバ( Betula maximowicziana)

〇科名:カバノキ科

〇和名由来:「ウタイマツカンバ(鵜松明樺)」の略。
鵜飼が樹皮を松明に使っていたため。

〇学名由来:「Betula」=ラテン古名でケルト語のカバノキbetuに由来。

〇別名:マカンバ、マカバ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:北海道~本州中部の高山や寒冷地

 

〇葉の特徴
葉は8~14㎝で広卵形。
縁には不整の細かい重鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は濃緑色。裏は淡緑色で脈腋に毛がまとまる。
葉は長枝では互生し、短枝では対生する。

〇花の特徴
5~6月頃に咲く。
雄花は淡黄色で尾状に花穂が垂れ下がり、
雌花は穂状で頂生する。

〇実、種子の特徴
果穂は円柱形で頂生する。

〇幹、枝の特徴
灰色で横向きの長い皮目が目立つ。
サクラ類によく似ている。
樹皮を削るとサリチル酸メチル(湿布薬)のにおいがする。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
成長が早く、日本のカバノキ属の中では一番大きくなる。
自然系が美しいので剪定は透かすようにする。
萌芽力が弱いため、大枝の切除は樹形を損ねる原因となる。
乾燥に弱いため、潅水をしっかりした方が良い。

 

〇病虫害

・クスサンやマイマイガなどの食葉害虫が付く。
被害が見られたときは捕殺するか登録農薬を散布する。

 

〇利用、豆知識

平地にシラカンバ、中高地にウダイカンバ、高地にダケカンバと、
カバノキ属の中で住み分けがある。

伐採跡地や裸地に優先して生えてくる
パイオニア樹種の一つ。

樹皮は油分を多く含み、着火剤として利用される。

シラカンバよりも寿命が長く、材は緻密で硬いため、
高級材として扱われることがある。
また、材はマカバと呼ばれ、床材や家具材として用いられる。

コメント