ハナイカダの特徴と育て方

植物図鑑

ハナイカダ( Helwingia japonica)

〇科名:ミズキ科

〇和名由来:「花筏」から。葉の上に花が咲く様を筏に例えて。

〇学名由来:「Helwingia」=ドイツの医師ヘルウィングが由来。
「japonica」=日本の の意。

〇別名:ママッコ、ママコノキ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄異株

〇分布:北海道北部を除く日本各地の山地。

 

〇葉の特徴
葉は6~12㎝で長楕円形または倒卵形。
縁には低い鋸歯があり先端はやや芒状になる。葉先は鋭く尖る。
葉の表は淡緑色でやや光沢がある。裏は灰緑色。
主脈の途中に花が咲く。

〇花の特徴
5~6月頃、葉の主脈の途中に淡緑色の花が咲く。

〇実、種子の特徴
果実は黒く熟す。

〇幹、枝の特徴
若い枝は緑色。
だんだん縦に裂け始め、褐色の縞模様ができる。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
低木であまり大きくならないので管理しやすい。
日照と乾燥に弱いため、日陰に植えるようにする。
自然形がきれいなので、枝は透くように剪定する。

 

〇病虫害

・特になし

 

〇利用、豆知識

雑木の庭に合う樹木。高木の下に植えると相性が良い。

サクラの花びらが水面に散り、溜まる様子を「花筏」というが、
本種とは何も関係はない。

若葉を和え物やかき揚げにして食用とする。

中国では葉と果実を薬用とする。

日本でも葉を下痢止めとする

コメント