コウゾの特徴と育て方

植物図鑑

コウゾ( Broussonetia kazinoki × B papyrifera )

〇科名:クワ科

〇和名由来:紙麻(カミソ)の転。諸説あり。

〇学名由来:「broussonetia」=フランスの医師ブロソネの名にちなむ。

〇別名:カミギ、カゾ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:本州以西の山地

 

〇葉の特徴
葉は5~15㎝で卵形または円卵形で3~5深裂する。
縁は鋸歯があり、葉先は尖る。
基部は浅い心形。
葉の表は緑色で少しざらつく。裏は淡緑色。
秋には黄葉する。

〇花の特徴
5月頃、雄花は若枝の基部の葉腋に
雌花は上部の葉腋に球状に集まった小花を付ける。

〇実、種子の特徴
6月頃、赤色の実を付ける。食べられる。

〇幹、枝の特徴
暗褐色の樹皮に縦縞がある。
褐色の皮目がある。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので剪定は透かすように行う。
大きくなったら根元から切れば萌芽更新する。

〇病虫害
・焼枯細菌病
葉や枝に発生する。
葉では開葉期から黒褐色の葉脈に区切られた
多角形の小さな病斑を生じる。
病葉は黄化して縁が巻き込み、早期落葉する。
枝では腋芽を中心に黒褐色の病斑が生じ、折れやすくなる。
病葉、病枝は発見し次第、切除して処分する。

 

〇利用、豆知識

山地に自生する樹木。
あまり庭木には使われない。

樹皮の繊維が強く、和紙の原料とする。
枝から樹皮を剥いで蒸し、水に浸した後、叩解して用いる。

コウゾで作られた和紙は
和紙の中でも代表的であり、楮紙と呼ばれる。

江戸時代にはチャ、ウルシ、クワと共に
産業の四木の一つとして並び称された。

 

コメント