オニグルミの特徴と育て方

植物図鑑

オニグルミ( Juglans mandshurica var. sachalinensis )

〇科名:クルミ科

〇和名由来:クルミの殻の表面がゴツゴツしているため。

〇学名由来:「Juglans」=「jovis(ジュピターの)」+「glans(果実)」
古代ギリシャでクルミなどの堅果をゼウス(ジュピター)に捧げたため。

〇別名:クルミ、ヤマグルミ

〇広葉樹・落葉樹・雌雄同株

〇分布:日本各地の山野の渓流沿い

 

〇葉の特徴
葉は40~60㎝の奇数羽状複葉で互生。
小葉は8~18㎝で楕円形または長楕円形。
縁はやや尖った鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
表は濃緑色。裏は灰白緑色で星状毛が密生する。

〇花の特徴
5月頃に若葉と共に開花する。
雄花穂は下垂し、雌花穂は直立する。

〇実、種子の特徴
9~10月頃、3㎝位の球形の果実を付ける。
殻は非常に硬く、深いしわがある。

〇幹、枝の特徴
樹皮は灰色で縦に裂ける。
裂け目の間に平滑面が残るので、そこでサワグルミと識別する。

 

〇育成環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

〇暦

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

〇管理方法
自然形がきれいなので、整枝剪定は透かすように行う。
乾燥に弱いため、マルチング等の対処をすると良い。

〇病虫害
・クスサン
成虫は開張100~120㎜程度。全体が黄褐色~橙黄褐色。
後翅中央に紫色の大きな丸い斑紋がある。
幼虫は最大80㎜程度で、最初は黒色、
老齢幼虫は青白になる。
年一回発生で、樹上で卵越冬する。
4月ごろに孵化し、初めは群生して葉を食害するが、後に分散して食害を始める。
6~7月頃に老熟し、葉を集めて繭を作る。
9~10月頃には成虫が出現し、幹の割れ目などに産卵する。
卵塊の駆除や幼虫の捕殺をして防除する。

 

〇利用、豆知識

大きくなるのであまり庭木には適さない樹木。

実は食用。一般的に食べられているクルミはテウチグルミという種類。
滋養強壮、咳止めの効果があるとされる。

古くから食用とされ、縄文時代の遺跡からも多く出土している。

果実から搾った油は灯用、または木材の艶出しに使用される。

果皮は煮出して染料とする。

材は硬く緻密で、建築材や家具材などに使用される。

コメント