クロモジの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

クロモジ( Lindera umbellata)

クロモジの特徴

クロモジの科名・属名

クスノキ科クロモジ属

 

クロモジの和名由来

女房詞で爪楊枝を指す「クロモジ」から。諸説あり

 

クロモジの学名由来

「Lindera」=スェーデンの植物学者J・リンデルにちなむ。
「umbellata」=集散花序の の意。

 

クロモジの別名

クロモンジ、トリキ

 

クロモジの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

クロモジの分布

関東南部以西~九州の山林

 

クロモジの葉の特徴

葉は5~10㎝の倒卵上楕円形で互生。
縁は全縁で葉先は尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡緑色。

 

クロモジの花の特徴

春、葉腋に淡黄色の小花を密集して付ける。

 

クロモジの実、種子の特徴

10月頃、黒色に熟す。

 

クロモジの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色で縦長の皮目が目立つ。

 

クロモジの育て方

クロモジの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

クロモジの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

クロモジの管理方法

自然形がきれいなので透かし剪定を行うようにする。

 

クロモジの病虫害

・クロモジシロカイガラムシ
雌の虫体は2㎜程度で初めは黄色、後に橙褐色になる。
年に数回発生し、枝、幹、葉に寄生する。
剪定をし、なるべく風通しを良くすると発生を抑えられる。
発生が確認されたら被害部を切除する。
または登録農薬を幼虫発生期に散布する。

 

クロモジの豆知識

雑木の庭、和風に庭によく合う樹木。
生垣に使用されることもある。

樹皮にアルコール分を含み芳香があるため、
樹皮が付いたまま削って爪楊枝に用いられる。
高級な和菓子にはクロモジの爪楊枝が使用される。

枝葉からとれる油は芳香剤として使われる。

根皮を乾かしたものは釣樟(ちょうしょう)と呼び、皮膚病に用いる。

枝葉を湯船に入れるとリュウマチ、関節痛に効くとされる。

室町時代、宮中に仕える女房たちは衣食住に関する言葉を
直接口にすることをはばかり、「もじ」をつけて隠語とした。
杓子(しゃもじ)もその一つ。
クロモジもこの枝からとった黒楊枝に
「もじ」を付けたことが語源とされる。

コメント