アカメガシワの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アカメガシワ( Mallotus japonicus)

アカメガシワの特徴

アカメガシワの科名・属名

トウダイグザ科アカメガシワ属

 

アカメガシワの和名由来

新芽が紅赤色で、葉がカシワに似ているため。

 

アカメガシワの学名由来

「Mallotus」=長軟毛がある の意。
「japonicus」=日本の の意。

 

アカメガシワの別名

ショウグンボク、ゴサイバ

 

アカメガシワの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

アカメガシワの分布

本州~九州の山野

 

アカメガシワの葉の特徴

葉は8~20㎝の広卵形で、若い株は浅く三裂する。
葉の付き方は互生。
縁は全縁でまれに波状になる。葉先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で、裏は淡緑色で黄色い腺点がある。
裏表ともに星状毛がある。
秋には黄葉する。

 

アカメガシワの花の特徴

夏に総状の黄色い小花が密集して付く。

 

アカメガシワの実、種子の特徴

蒴果にやわらかい棘が付き、熟すと3裂して黒い種子が出てくる。

 

アカメガシワの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色で縦筋が入る。縦筋はクロスして菱形の模様を作る。

 

アカメガシワの育て方

アカメガシワの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

アカメガシワの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アカメガシワの管理方法

自然形がきれいなので透かし剪定を行うようにする。
成長が早いので、庭で育てる場合は株立ちにして
大きくなったら元から切り、更新させた方が良い。

 

アカメガシワの病虫害

・サルスベリフクロカイガラムシ
雌成虫は体長3㎜程度で楕円形をしている。
体は暗赤褐色で、白色の繭状をした分泌物で覆われている。
年に2~3回発生し、卵で越冬する。
すす病を併発し、木を衰弱枯死させることもある。
病気は登録農薬を散布して対処する。
透かし剪定をして、風通しを良くすると発生しにくい。

 

アカメガシワの豆知識

荒地に一番先に生えてくるパイオニア樹種。
成長が早いため、庭木には向かない。

材は器具材、床柱などに使用される。

葉と種子は赤色の染料として用いられる。

樹皮はタンニンやベルゲニンを含み、
胃潰瘍などの胃腸疾患に用いる。

コメント