ヒイラギモクセイの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ヒイラギモクセイ( Osmanthus×fortunei)

ヒイラギモクセイの特徴

ヒイラギモクセイの科名・属名

モクセイ科モクセイ属

 

ヒイラギモクセイの和名由来

ヒイラギとギンモクセイの交雑種のため。

 

ヒイラギモクセイの学名由来

「Osmanthus」=「osme(香り)」+「anthos(花)」で香りのある花の意。

 

ヒイラギモクセイの別名

特になし

 

ヒイラギモクセイの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄異株

 

ヒイラギモクセイの分布

自然分布はなし

 

ヒイラギモクセイの葉の特徴

葉は5~12㎝の楕円形または楕円形。葉の付き方は対生。
縁は針状に鋭く尖った鋸歯があり、葉先も針状に尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は緑色。
樹齢が経つと鋸歯が低くなり、全縁になる葉もある。

 

ヒイラギモクセイの花の特徴

秋に葉腋に白色の小さな花が付く。
花には芳香がある。

 

ヒイラギモクセイの実、種子の特徴

雄株しか知られていないため、果実は確認されていない。

 

ヒイラギモクセイの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色~灰褐色で平滑。丸いコルク質が発達した皮目が目立つ。

 

ヒイラギモクセイの育て方

ヒイラギモクセイの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ヒイラギモクセイの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ヒイラギモクセイの管理方法

成長は早いが刈込剪定に耐える。
耐潮性があり、海岸近くでも育つ。

 

ヒイラギモクセイの病虫害

・テントウノミハムシ
成虫の体長は3.5㎜程度。
半球形で光沢があり、全体は黒色。
幼虫は体長5㎜程度。扁平で乳白色をしている。
年一回発生で、落葉の下で成虫越冬する。
3月頃から活動を始め、新葉や新芽に産卵する。
孵化した幼虫は成長すると木から落下して土の中に潜る。
6~7月頃に羽化して葉を食害する。
成虫を捕殺して防除する。

 

ヒイラギモクセイの豆知識

和風の庭によく植えられる樹木。

ギンモクセイとヒイラギの交雑種。

葉が堅く棘があるため、防犯用の生垣に用いる。

ヒイラギよりも葉が大きく、ギンモクセイに似た花が咲く。

コメント