コデマリの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

コデマリ( Spiraea cantoniensis)

コデマリの特徴

コデマリの科名・属名

バラ科シモツケ属

 

コデマリの和名由来

花序が小さく、手毬のように半球状に咲くため。

 

コデマリの学名由来

「Spiraea」=螺旋の の意。
「cantoniensis」=広東の の意。

 

コデマリの別名

スズカケ、シツカケ

 

コデマリの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

コデマリの分布

中国原産

 

コデマリの葉の特徴

葉は2.5~5㎝の菱形状被針形で互生する。
葉の上部の縁は鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡緑色。

 

コデマリの花の特徴

春、枝先に半球状の散房花序を20個程度付ける。
花は白い5弁花。

 

コデマリの実、種子の特徴

夏に実がなるが小さく目立たない。

 

コデマリの樹皮、枝の特徴

枝は根元から株立ち状に発達する。
枝の樹皮は灰色~灰褐色でザラザラする。

 

コデマリの育て方

コデマリの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
選ばない

 

コデマリの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

コデマリの管理方法

花後、すぐに剪定するようにする。
自然形がきれいなので透かし剪定を行うようにする。
古い枝は花付きが悪くなるので、定期的に根元から間引くと良い。
数年に一度、根元から5~6㎝位残して刈り取ると、
翌年から柔らかい樹形に戻る。

 

コデマリの病虫害

・特になし

 

コデマリの豆知識

雑木の庭、和風に庭によく合う樹木。
病虫害も特になく、育てやすい。

挿し木で簡単に増やすことができる。

中国から渡来し、日本では江戸時代から栽培されるようになった。

コメント