トサミズキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

トサミズキ( Corylopsis spicata )

トサミズキの特徴

トサミズキの科名・属名

マンサク科トサミズキ属

 

トサミズキの和名由来

自生地が土佐(高知県)のため。

 

トサミズキの学名由来

「Corylopsis」=「Corilus(ハシバミ属)」+「opsis(似る)」
「supicata」=穂状花のある の意。

 

トサミズキの別名

シロムラ

 

トサミズキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

トサミズキの分布

高知県の山地

 

トサミズキの葉の特徴

葉は5~10㎝で広卵状円形。互生する。
葉の縁は波状の鋸歯があり、葉先は短く尖る。
葉の表は濃緑色。裏は淡緑色で毛がある。
葉柄には毛が多く生える。

 

トサミズキの花の特徴

春、淡黄色で鐘型の5弁花が穂状に垂れ下がる。

 

トサミズキの実、種子の特徴

さく果は球形で、熟すと黒い種子を出す。

 

トサミズキの樹皮、枝の特徴

灰色~赤褐色で平滑な樹皮をしている。

 

 

トサミズキの育て方

トサミズキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

トサミズキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

トサミズキの管理方法

自然樹形がきれいなので、透かし剪定をすると良い。
剪定は花後直ぐに行う。

 

トサミズキの病虫害

・紫紋羽病
根が紫褐色で膜状あるいはフェルト状の菌糸膜で覆われる。
この菌は7~35℃で育成し、成長適温は25~27℃。
火山灰土、開拓地、酸性土壌で多発する。
罹病した樹木は寝言取り除き、焼却する。
また、発病した土壌には本菌の感受性がある樹種は
植えないようにする。

・チャノマルカイガラムシ
雌成虫の体長は3㎜程度。
全体が茶褐色~暗褐色で円形。
年一回発生で、5~6月頃に幼虫が発生する。
幼虫は枝葉に寄生し、8月に成虫になる。
防除には整枝剪定で風通しを良くすることが大切。
または幼虫発生期に登録された農薬を散布する。

 

トサミズキの豆知識

雑木の庭、和風に庭によく合う樹木。
病虫害も少なく、育てやすい。

1864年、観賞用に適していることから
イギリスをはじめ、ヨーロッパに広がった。

 

コメント