フヨウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

フヨウ( Hibiscus mutabilis )

フヨウの特徴

フヨウの科名・属名

アオイ科フヨウ属

 

フヨウの和名由来

漢名「木芙蓉」の音読みの略。

 

フヨウの学名由来

「Hibiscus」=ゼニアオイ属の古代ギリシャ、ラテン名。
「mutabilis」=変化しやすい の意。

 

フヨウの別名

キハチス

 

フヨウの分類

広葉樹・半落葉樹・雌雄同株

 

フヨウの分布

九州、沖縄などの海岸近くに自生

 

フヨウの葉の特徴

葉は長さ10~20㎝。五角状心形または心形で3~7裂する。
葉の縁は鈍い鋸歯があり、葉の先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で、裏は淡緑色。
両面に星状毛と腺毛が生えている。

 

フヨウの花の特徴

夏から秋にかけて、幹上部の葉腋に径10㎝程度の花が咲く。
花色は白または淡紅色。

 

フヨウの実、種子の特徴

果実は卵円形で、熟すと五裂する。

 

フヨウの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色~灰色で平滑。褐色を帯びることもある。
成熟すると縦筋の模様が入ってくることがある。

 

 

フヨウの育て方

フヨウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

フヨウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

フヨウの管理方法

フヨウは丈夫で育てやすい反面、成長が早く管理が大変。
剪定は落葉後に枝を切り戻すと、樹体を大きくせずに管理できる。
夏前に当年枝を剪定すると花芽を落としてしまうので注意が必要。
日当たりのよい場所を好むので、日陰の植栽は避けるようにする。
水分が好きな樹種なので、元気がなくなったら水をたくさんあげて
腐葉土などで地面を覆うと良い。

 

フヨウの病虫害

・ワタノメイガ
成虫は開張22~34㎜。
全体は茶褐色で前翅、後翅の周辺と翅全体に暗褐色の条斑が
不規則な帯状を呈する。
年2~3回発生し、幼虫で越冬する。
孵化幼虫は葉裏の葉脈に沿って糸を張り、表皮と葉肉を食害する。
その後、管状に葉を巻き、その中で食害する。
幼虫は葉を巻いているので、見つけ次第捕殺して防除する。

 

フヨウの豆知識

雑木、和風の庭に使う樹木。
耐潮性があり、海岸近くの庭によく使われる。

病害虫も少なく、育てやすい。

茎の樹皮は強靭なため、製紙材料にされる。
沖縄では茎の皮を剥いで漁網や籠、下駄の緒に使われた。

原産地は東アジアの暖地だと言われているが、
日本の野生種が自生しているものか、
中国から渡来した種かは分かっていない。

 

コメント