ハナズオウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ハナズオウ( Cercis chinensis )

ハナズオウの特徴

ハナズオウの科名・属名

マメ科ハナズオウ属

 

ハナズオウの和名由来

花の色が蘇芳染め紅紫色に似ているため。

 

ハナズオウの学名由来

「Cercis」=小刀の鞘 の意。莢の形が由来。
「chinensis」=中国の の意。

 

ハナズオウの別名

スオウギ、スオウバナ

 

ハナズオウの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ハナズオウの分布

中国原産

 

ハナズオウの葉の特徴

葉は長さ5~10㎝の広楕円形またはほぼ円形。
葉の先は尖り、縁は全縁。
葉の表は濃緑色で光沢があり、膨らむ。裏は淡緑色。

 

ハナズオウの花の特徴

春、紅紫色の5弁花の蝶形花が群れて咲く。

 

ハナズオウの実、種子の特徴

果実はサヤインゲンに似た長楕円形で平たい豆果をつける。
長さは5㎝程度。

 

ハナズオウの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色~灰褐色で平滑。
枝は株立ち状になる。

 

 

ハナズオウの育て方

ハナズオウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ハナズオウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ハナズオウの管理方法

自然形がきれいなので、枝元から抜くような剪定を行う。
夏頃には翌年の花芽を付けるので、花後直ぐに剪定をすると良い。
日当たりと砂質の土壌を好む。
豆果を付けると栄養を取られてしまうため、
なるべく早く取り除くようにする。
株立ち状になるが、枝数が増えると弱るため、
定期的に間引くようにする。

 

ハナズオウの病虫害

・角斑病
葉に褐色~暗赤褐色の葉脈に区切られた小角斑が生じる。
やがて5~10㎜位に拡大する。
罹病すると早期に落葉する。
発生生態はまだわかっていない。
病気は発見し次第、適用農薬を散布する。
落葉は焼却処分する。

 

ハナズオウの豆知識

雑木、和風、洋風の庭など、場所を選ばない樹木。

病害虫も少なく、育てやすい。

日本には江戸時代に渡来した。

 

コメント