マンリョウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

マンリョウ( Ardisia crenata )

マンリョウの特徴

マンリョウの科名・属名

ヤブコウジ科ヤブコウジ属

 

マンリョウの和名由来

センリョウより実が美しいため。

 

マンリョウの学名由来

「Ardisia」=「ardis 槍先」の意。
「crenata」=鋸歯状の の意。

 

マンリョウの別名

ヤマセンリョウ

 

マンリョウの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

マンリョウの分布

茨城県以西の山地

 

マンリョウの葉の特徴

葉は長さ4~13㎝の長楕円形で対生する。
葉の先は尖り、縁は全縁だが波打つ。
葉の表は暗緑色で光沢があり、裏は灰緑色。

 

マンリョウの花の特徴

7~8月に白い小さな花を付けるが、目立たない。

 

マンリョウの実、種子の特徴

11月に赤くて丸い実がなる。
白色や黄色、橙色の実がなる品種もある。

 

マンリョウの樹皮、枝の特徴

枝は緑色で平滑。後に木質化し茶褐色になる。

 

マンリョウの育て方

マンリョウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

マンリョウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

マンリョウの管理方法

乾燥に弱いので、
日陰になるところで植えると良い。
樹冠にしか葉が出ないので、
根本がどんどんスカスカになる樹木。
枝の途中から切ってもまた吹いてくるので、
4~6月頃に背が高くなった枝は切り戻す。
株立ち状になるので、
混んできたら枝を根元から抜くようにする。

 

マンリョウの病虫害

・イヌガヤワタカイガラムシ
雌成虫の体長は4~5㎜程度。
全体黄褐色で暗褐色斑がある。
年一回発生で幼虫越冬する。
幼虫は5~6月に成熟し、卵のうを形成する。
孵化幼虫は6月に発生し、葉に寄生する。
被害が大きくなると葉が黄化し、早期落葉する。
風通しのいい樹形を保つと発生を抑制できる。
発見したら幼虫発生期に登録農薬を散布する。

 

マンリョウの豆知識

雑木、和風の庭に合う樹木。
盆栽や花材としても利用される。

江戸時代から園芸植物して扱われ始め、
寛政年間(1789~1800年)に流行した。

正月の縁起木として
センリョウ(千両)と一緒に飾られる。
カラタチバナを百両、ヤブコウジを十両、
アリドオシを一両と呼ぶ。

 

 

コメント