ノウゼンカズラの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ノウゼンカズラ( Campsis grandiflora )

ノウゼンカズラの特徴

ノウゼンカズラの科名・属名

ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属

 

ノウゼンカズラの和名由来

古名のノショウ、ノショウカズラの転。

 

ノウゼンカズラの学名由来

「Campsis」=湾曲の の意。

「grandiflora」=大きい花の意。

 

ノウゼンカズラの別名

マカヤキ、ノショウ、ノウゼン

 

ノウゼンカズラの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ノウゼンカズラの分布

中国原産

 

ノウゼンカズラの葉の特徴

葉は奇数羽状複葉で、対生する。
小葉は5~13枚付き、長さは3~7㎝の卵形。
小葉の先は尖り、縁には粗い鋸歯がある。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は緑色。

 

ノウゼンカズラの花の特徴

夏に5裂したラッパ状の花が咲く。
品種に富み、橙色や黄色などの花色がある。

 

ノウゼンカズラの実、種子の特徴

長楕円形で莢状の果実の中に翼の付いた種子がなる。
熟すと裂けて種子が飛び出す。

 

ノウゼンカズラの樹皮、枝の特徴

つる性で、成長すると縦に大きく裂けた粗々しい樹皮になる。

 

ノウゼンカズラの育て方

ノウゼンカズラの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

ノウゼンカズラの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ノウゼンカズラの管理方法

つる性植物なので誘引させるための支柱やフェンスが必要。
当年枝に翌年の花芽を付けるので、
新しい枝を10㎝程度残して切り詰める剪定が良い。
古い枝も冬場に剪定して取り除くと、花芽を多くつけるようになる。
ひこばえが多く出る樹木なので、定期的に取り除くようにする。
樹液には毒があるので、剪定後はしっかりと手を洗う。

 

ノウゼンカズラの病虫害

・特になし

 

ノウゼンカズラの豆知識

洋風、特にリゾート風の庭によく合う樹木。
耐潮性もあり、海岸近くでも育つ。

近縁種が多く、種が違うノウゼンカズラ属も
ノウゼンカズラとして売られている。

 

コメント