スギの特徴と育て方

雑記

スポンサードサーチ

スギ( Cryptomeria japonica )

スギの特徴

スギの科名・属名

ヒノキ科スギ属

 

スギの和名由来

すくすくと成長する木の意。諸説あり。

 

スギの学名由来

「Cryptomeria」=「cryptos 隠れた」+「meris 部分」の意。意味は不明。

「japonica」=日本の の意。

 

スギの別名

スギノキ、イソキ

 

スギの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

スギの分布

本州から九州の山野

 

スギの葉の特徴

葉の小葉は鎌状針形で枝に螺旋状に付く。
葉の断面は三角形または鈍四角形で、4本の気孔線が入る。

 

スギの花の特徴

雌雄同株だが、雌雄異花。
雌花は緑色の球形で、数個が枝先に付く。
雄花は黄褐色で、枝先で大量に開花する。
花粉は雄花でつくられ、花粉症の原因になる。

 

スギの実、種子の特徴

果実は卵状球形で木質となる。
種子は長楕円形で翼を持つ。

 

スギの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤褐色で縦に細かく裂ける。
地衣類がまばらに付くことがある。

 

スギの育て方

スギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

スギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

スギの管理方法

成長が早いので定期的な剪定が必要。
枝葉が密になると蒸れて枯れ始めるので、透かし剪定も必要。

 

スギの病虫害

・黒粒枝枯病
罹病すると緑枝に赤褐色~灰褐色の病斑が形成される。
病気が枝を一周するとそこから上部は枯死する。
患部には小さな黒粒が無数に散在する。
空気湿度との相関があり、風通しの悪い場所や霧巻く場所で多発する。
罹病枝は切除し、落葉落枝は処分するようにする。

 

スギの豆知識

和風の庭によく使われる樹木。

材は軽く光沢があり、建築材、割りばし、
日本酒の酒樽などいろいろな用途で使われる。

樹皮は屋根葺や家屋の外張り、垣根に使われる。

葉は線香や抹香の原料になる。

天然記念樹に指定されているものも多く、
鹿児島県屋久島の縄文杉は樹齢数千年と言われる。

日本の造林面積の40%がスギだと言われている。

奈良県、京都府、三重県の県木。

 

コメント