アコウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

アコウ( Ficus subpisocarpa)

アコウの特徴

アコウの科名・属名

クワ科イチジク属

 

アコウの和名由来

アコウは赤い牛の尾を出す木として、「赤尾木(アカオギ)」と呼ばれ、
それが転じたという説がある。

 

アコウの学名由来

「Ficus」=イチジクのラテン古名。

 

アコウの別名

アコギ、アコノキ

 

アコウの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

アコウの分布

和歌山、四国、九州などの海岸

 

アコウの葉の特徴

葉は長さ8~15㎝の長楕円形で互生する。
葉の先は短く尖り、縁は全縁。
葉の表は暗緑色で光沢があり、裏は緑色。
厚い革質で両面とも無毛。
葉柄が長く、4~6㎝ある。
強風や寒さですぐに落葉する。

 

アコウの花の特徴

ほぼ一年中、枝に果嚢を付ける。
花は果実に内包されるため、外見からは見られない。

 

アコウの実、種子の特徴

イチジク状の実(果嚢)がなる。
黒紫色に熟したものは食べられる。
果実の中に大量の雄花と雌花を含む。

 

アコウの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤褐色~灰褐色で平滑。
気根を枝から下垂させ、支柱根に発達させる。

 

アコウの育て方

アコウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

アコウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

アコウの管理方法

自然形がきれいな樹木なので、なるべく剪定はしない。
大きくなってしまったときは透かし剪定をするようにする。

 

アコウの病虫害

・葉枯病
葉脈に区切られた2~3㎜の褐色~赤褐色の角斑を生ずる。
次第に拡大し、複数の病斑が融合して大きくなり、灰褐色になる。
表面には濃緑色のカビが見られる。
発病した葉は早期落葉する。
病葉と落葉は見つけ次第、速やかに処分する。
発病したら、登録農薬を7~14日おきに散布する。

 

アコウの豆知識

海岸沿いで防風林として利用されることが多い。
防潮林、街路樹としても植えられる。

ガジュマルと似るが、葉の大きさや葉脈で識別する。

 

コメント