イチョウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

イチョウ( Ginkgo biloba )

イチョウの特徴

イチョウの科名・属名

イチョウ科イチョウ属

 

イチョウの和名由来

「一葉(イチヨウ)」の転など諸説あり。

 

イチョウの学名由来

「Ginkgo」=「銀杏」の音読み(ギンキョウ)。

「biloba」=二列したの意。

 

イチョウの別名

ギンナンノキ、チチノキ

 

イチョウの分類

針葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

イチョウの分布

もともとは中国原産。

 

イチョウの葉の特徴

葉の長さは4~8㎝、幅は5~7㎝で扇形。
葉柄は3~6㎝。葉は螺旋状に互生する。
葉の縁は波状になり、葉の中央部は切れ込む。

 

イチョウの花の特徴

雌雄異株で4~5月に咲く。
雄花は穂状で、雌花は2個の胚珠からなる。
どちらも短枝の先に付く。

 

イチョウの実、種子の特徴

果実は球状で黄色く熟す。
実は食べられるが毒があるので量に注意が必要。

 

イチョウの樹皮、枝の特徴

樹皮は明るい褐色で縦に裂け、クロスする。
コルク質が発達し、弾力がある。

 

イチョウの育て方

イチョウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

イチョウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

イチョウの管理方法

成長が早いので定期的な剪定が必要。
剪定痕からの萌芽が激しく、
枝葉が密になると蒸れて枯れ始めるので、透かし剪定が必要。

 

イチョウの病虫害

・胴枯病
幹の地際部で発生し、罹病すると樹皮が浮き上がり、
皮層内部に白色~灰白色の厚い以上組織が発達する。
この組織が広がり、樹皮にひびが入って剥げ落ちる。
被害部側の葉は黄化して小型化する。
日焼けや踏圧などの被害によって誘発されるという報告が多い。

 

イチョウの豆知識

街路樹や神社仏閣によく使われる樹木。

室町時代には栽培されていたと言われているが、
中国に留学した僧が日本に持ち込んだと言われている。

材は淡黄色で柔らかいが、緻密で光沢があるため
天井板や将棋の駒などに使われる。

薬用として咳止めや去痰薬に使われる。

ギンナンは食用にされるが、
量を食べると中毒を起こす恐れがある。

 

 

コメント