カラマツの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

カラマツ( Larix kaempheri )

カラマツの特徴

カラマツの科名・属名

マツ科カラマツ属

 

カラマツの和名由来

唐のマツの意で、葉の出方が唐絵のマツに似ているため。

 

カラマツの学名由来

「Larix」=ヨーロッパカラマツの古代名。

「kaempferi」=ケンフェルの の意。

 

カラマツの別名

フジマツ、ニッコウマツ、ラクヨウショウ

 

カラマツの分類

針葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

カラマツの分布

宮城県、新潟県以南から中部山岳地帯までの山地

 

カラマツの葉の特徴

葉はの長さは2~3㎝で線形で、断面は扁平。
長枝には螺旋状に互生し、短枝には20~30本が束生する。

 

カラマツの花の特徴

雌雄同株だが、雌雄異花。
雄花は長さ4㎜程度の楕円形または長卵形で、短枝に頂生する。
雌花は長さ10㎜程度の卵形で紅紫色になり、短枝の端に付く。

 

カラマツの実、種子の特徴

2~3㎝程度の毬果(きゅうか)が付き、卵状球形で黄褐色に熟す。

 

カラマツの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤褐色~灰色で網目状に裂ける。

 

カラマツの育て方

カラマツの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

カラマツの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

カラマツの管理方法

3月の芽吹き前に剪定をして樹形を整える。
芽吹き始めた5月中旬から芽摘みをすると
樹形がさらに整う。

 

カラマツの病虫害

・先枯病
6~9月に当年枝が罹病する。
6~7月に発生した場合は先端部以外は落葉し、新梢が垂れ下がる。
8~9月に感染した場合は新梢は立ち上がったまま枯死する。
7月頃に吹いた新芽が感染すると芽枯れを起こす。
枯死部と健全部の間には樹脂が白く噴出する。
病気は発見し次第、罹患部を切除して処分する。
また、登録農薬を1~2週間おきに3~4回散布する。

 

カラマツの豆知識

和風の庭や盆栽によく使われる樹木で、生垣にも利用される。

針葉樹では珍しい落葉性の樹種。

材は樹脂が多く出るためあまり利用されない。

 

コメント