ヒマラヤスギの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ヒマラヤスギ( Cedrus deodara )

ヒマラヤスギの特徴

ヒマラヤスギの科名・属名

マツ科ヒマラヤスギ属

 

ヒマラヤスギの和名由来

ヒマラヤ産のスギの意。葉形が似ていることから。

 

ヒマラヤスギの学名由来

「Cedrus」=香りの良い樹木のギリシャ名「cedros」にちなむ。
「deodara」=神木の意。古くから神聖な樹木として扱われてきたことから。

 

ヒマラヤスギの別名

ネズモミ、カラマツモミ、ヒマラヤシーダー

 

ヒマラヤスギの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ヒマラヤスギの分布

ヒマラヤ原産

 

ヒマラヤスギの葉の特徴

葉は長さ2.5~5㎝程度で針形。
葉の色は淡青緑色で互生だが、短枝では束生する。
枝先は下垂し、若枝には細毛がある。

 

ヒマラヤスギの花の特徴

秋に淡黄褐色の花を付ける。

 

ヒマラヤスギの実、種子の特徴

花を付けた翌年の秋に長さ6~13㎝の長楕円形の球果が付く。
種子には翼がある。

 

ヒマラヤスギの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰黒色~灰色で縦長の網目状に深く裂ける。

 

ヒマラヤスギの育て方

ヒマラヤスギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

ヒマラヤスギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ヒマラヤスギの管理方法

芽が固まった5月下旬から6月に剪定をする。
一本で見せるときは透かし剪定をして円錐形に整える。
常緑で刈込にも耐えるため、生垣にされることもある。

 

ヒマラヤスギの病虫害

・すす葉枯病
6月頃、罹病すると針葉の先が黄褐色~赤褐色に変色する。
後に病斑は灰褐色になり、微小な小黒粒点を多数形成する。
アカマツに発生するすす葉枯病菌と同じ種が病原菌となる。
乾燥や湿潤が病気の発生に繋がるとされる。
防除方法は、乾燥地では稲わらを敷くなどして干ばつ対策をする。
湿潤な場所では排水対策を行うようにする。

 

ヒマラヤスギの豆知識

洋風の庭や公園などに使われる樹木。

自生地では建築材などに使われる。

日本には明治初年頃に渡来。

アローカリア・アローカーナとコウヤマキと共に、
「世界三大美樹」や「世界三大景観樹」と呼ばれる樹木の一つ。

花言葉は「力」。

エジプトではミイラの腐食防止剤として
ヒマラヤスギの精油を用いた。

 

コメント