ラクウショウの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ラクウショウ( Taxodium distichum )

ラクウショウの特徴

ラクウショウの科名・属名

ヒノキ科ヌマスギ属

 

ラクウショウの和名由来

秋に紅葉、落葉し羽状に付いた枝ごと落葉するため。

 

ラクウショウの学名由来

「Taxodium」=イチイ(Taxus)に葉が似ているため。
「distichum」=二列生の の意。

 

ラクウショウの別名

ヌマスギ、アメリカスイショウ

 

ラクウショウの分類

針葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ラクウショウの分布

北アメリカ原産

 

ラクウショウの葉の特徴

葉の長さは1~2㎝の線状披針形で先は尖る。
秋には茶色くなり、落葉する。

 

ラクウショウの花の特徴

5月に開花し、雄花、雌花共に、穂状に枝から垂れ下がる。

 

ラクウショウの実、種子の特徴

秋には広楕円形で長さ2~3㎝程度の球果が付く。

 

ラクウショウの樹皮、枝の特徴

樹皮は赤みの強い灰褐色で、縦に細かく裂ける。
根元は板根状になり、湿地では地中からは気根が出ることがある。

 

ラクウショウの育て方

ラクウショウの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
埴壌土

 

ラクウショウの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ラクウショウの管理方法

落葉性なので、冬場の葉がない時期に剪定をする。
成長は早く、萌芽が激しいので、定期的に剪定管理した方が良い。

 

ラクウショウの病虫害

・赤枯病
7月頃に針葉上に小型で不規則な黄色~淡褐色の病斑が見られる。
病葉は上枝へ広がり、9月頃には病葉が褐変して早期落葉する。
病葉を発見したら直ちに切除し、処分する。
また、落葉で病原が越冬するので、落葉も集めて処分した方が良い。

 

ラクウショウの豆知識

公園木や広い道の街路樹に利用される樹木。

湿潤に強いため、湿地の造林にも使われる。

材には耐久性があり、枕木、屋根板などに使われる。

 

コメント