クロマツの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

クロマツ( Pinus thunbergii )

クロマツの特徴

クロマツの科名・属名

マツ科マツ属

 

クロマツの和名由来

幹が黒みを帯びているため。

 

クロマツの学名由来

「Pinus」=ケルト語の「pin 山」に由来するラテン古名。
「thunbergii」=スウェーデンの植物学者トゥーンベリの の意。

 

クロマツの別名

オマツ、オトコマツ、

 

クロマツの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

クロマツの分布

本州~九州の海岸沿い

 

クロマツの葉の特徴

葉の長さは5~16㎝の針形で葉先は尖る。
2本の葉が束生し、基部は膜状の莢に包まれる。

 

クロマツの花の特徴

雌雄同株で、雄花は新梢の下部に肌色の花を多数つける。
雌花は枝先に紫色の花を付ける。

 

クロマツの実、種子の特徴

球果は卵形で翌秋に熟す。

 

クロマツの樹皮、枝の特徴

樹皮の色は黒っぽく、若木のときから網目状に深く裂ける。

 

クロマツの育て方

クロマツの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

クロマツの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

※昨年花が熟す

クロマツの管理方法

アカマツやクロマツなどの仲間は、一度剪定すると芽が出ないので注意が必要。
マツの新芽を「みどり(緑)」といい、この新芽を摘むことを「みどり摘み」という。
みどり摘みは、みどりが10㎝程度になったところで、
一枝につき2~3本の芽を残すようにして、他の芽を摘む。
また、伸ばす枝の芽はそのまま残し、
大きくしない芽は半分程度を摘んで、短くする。
10~11月には「もみあげ」という、葉を毟る作業を行う。
昨年葉を落とし、下枝まで光を当てるために行う。
このもみあげをしないと、下枝が枯れることがある。
停滞水に弱いので、排水性の良い場所を選んで植えると良い。
寒肥をすると、春先からの葉の色が良くなる。

 

クロマツの病虫害

・材線虫病(マツ枯れ)
マツノマダラカミキリによる食害により、
マツノザイセンチュウが樹内侵入することで起こる病害。

マツノマダラカミキリは体長18~28㎜で、体色は暗赤褐色~黒褐色。
1~2年に一回発生し、材内で幼虫越冬する。
成虫は健全なマツの新梢~3年生枝位の若い枝を後食し、
カミキリ体内に潜伏したマツノザイセンチュウが食痕からマツに侵入する。

罹病すると針葉が変色して、
1~2か月後には全葉が褐変、枯死するほど侵攻の早い病気。
マツノマダラカミキリの産卵期である8月頃に衰弱していると被害を受けやすく、
枯死木からはどの部位からもマツノザイセンチュウが摘出される。

効果的な防除法はない。
病害が疑われたときは、速やかに自治体に報告する。

 

クロマツの豆知識

和風の庭や盆栽によく用いられる樹種。

耐潮性があるため、砂防林や防風林として
河岸沿いに植栽されることが多い。

海岸に自生し、静岡県の三保松原や京都府の天橋立はクロマツの景観が有名。

クロマツの材は建築や器具に使われる。

幹から採れる松脂は石鹸などの原料となる。

群馬県、島根県の県木。

 

コメント