ゴヨウマツの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ゴヨウマツ( Pinus parviflora )

ゴヨウマツの特徴

ゴヨウマツの科名・属名

マツ科マツ属

 

ゴヨウマツの和名由来

葉が五本束生するため。

 

ゴヨウマツの学名由来

「Pinus」=ケルト語の「pin 山」に由来するラテン古名。
「parviflora」=小型の花の の意。

 

ゴヨウマツの別名

ヒメコマツ

 

ゴヨウマツの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ゴヨウマツの分布

北海道南部~九州の山地

 

ゴヨウマツの葉の特徴

葉の長さは3~6㎝の針形でややねじれる。
葉先は尖り、少し鋸歯がある。
葉の断面は3角形。
5本の葉が束生し、基部は膜状の莢に包まれる。
葉の裏表ともに白い気孔線がある。

 

ゴヨウマツの花の特徴

雌雄同株で、雄花は新枝の下部に褐色の花を多数つける。
雌花は枝先に紫紅色の花を付ける。

 

ゴヨウマツの実、種子の特徴

球果は卵形で翌秋に熟す。

 

ゴヨウマツの樹皮、枝の特徴

樹皮の色は灰色~灰褐色で、縦に裂ける。
樹皮は薄く剥がれ、剥がれた部分は明るい褐色になる。

 

ゴヨウマツの育て方

ゴヨウマツの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ゴヨウマツの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

※昨年花が熟す

ゴヨウマツの管理方法

病害虫にも強く、対潮性もあり、成長も遅い。
湿度と日陰には弱いので、植える場所は注意が必要。
浅い刈込剪定には耐えるが、枝数が多くなると枯れる恐れがあるので、
定期的に透かし剪定が必要になる。
クロマツやアカマツ同様、剪定痕から新しい枝は出てこないので
剪定のしすぎには注意が必要。

 

ゴヨウマツの病虫害

・特になし。

 

ゴヨウマツの豆知識

和風の庭や盆栽に用いられる樹種。

材は緻密で柔らかく、建築材や船舶、薪炭材として用いられる。

チョウセンゴヨウは別種で、ゴヨウマツと比べると葉が長い。

盆栽によく使われるため品種が多くある。
キタゴヨウはゴヨウマツの変種。

 

コメント