ナギの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ナギ( Nageia nagi )

ナギの特徴

ナギの科名・属名

マキ科ナギ属

 

ナギの和名由来

ミズアオイ科のコナギの古名「ナギ」と葉の形が似ているため。

 

ナギの学名由来

「Nageia」=和名が由来。
「nagi」=和名が由来。

 

ナギの別名

ナギノキ、チカラシバ

 

ナギの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄異株

 

ナギの分布

本州近畿以西の太平洋側、四国、九州の山地

 

ナギの葉の特徴

葉の長さは4~8㎝で披針形または楕円披針形。
葉先は鈍頭で、葉の縁は全縁。
表は濃緑色で、裏は淡緑色。

 

ナギの花の特徴

雌雄異株で、雄株雄花はクリーム色の円柱状で数個ずつ花を付ける。
雌花は緑色で葉の付け根あたりに咲く。

 

ナギの実、種子の特徴

1~1.5cmの種子を付ける。
秋には白紛がつき、オリーブのように熟す。

 

ナギの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色~灰黒色で、鱗状に樹皮が滑落し、
剥がれた部分は明るい橙色や褐色になる。
樹皮は薄く剥がれ、剥がれた部分は明るい褐色になる。

 

ナギの育て方

ナギの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ナギの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

ナギの管理方法

陽樹だが日陰でも育つ。乾燥や大気汚染には弱い。
成長は早いが、針葉樹なので強剪定すると樹形が崩れやすい。
病虫害は少なく、育てやすい。

 

ナギの病虫害

・チャミノガ
成虫は開張20~30㎜で全体黒褐色。
幼虫は15~25㎜、ミノ(蓑)の太さは25~40㎜で円筒形。
年一回発生で、中齢幼虫で越冬する。
4~6月頃に旺盛に摂食し、10月までは被害が続く。
成虫は6~7月に発生し、ミノの中で交尾する。
雑食性で、サクラ類、ツツジ類、カエデ類など、
いろいろな樹種で被害が報告されている。
発生が見られた場合は捕殺するか、登録農薬を散布する。

 

ナギの豆知識

和風の庭や神社などに植栽される樹種。

耐潮性があり、海岸近くでも耐える。

年輪が不明瞭で緻密で堅く、重く、加工しやすいため
家具や器具材、彫刻材などに使われる。

樹皮には多量のタンニンを含むため、染料が採れる。

葉などにナギラクトンという有毒成分を含む。

平安時代、熊野地方にはナギの木に対する信仰があり、
以降、神社の境内に植えられるようになった。

夫婦縁が切れないおまじないとして、
ナギの葉を鏡の裏や箪笥に入れてお守りとした。

またナギは「凪」にあやかり、海上安泰や晴天の縁起担ぎとしても使われた。

伊勢神宮にはナギの純林がある。

奈良の春日大社には推定樹齢1000年以上のナギが植わっている。

 

コメント