ツガの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ツガ( Tsuga sieboldii )

ツガの特徴

ツガの科名・属名

マツ科ツガ属

 

ツガの和名由来

トガ(木が曲がるという意味)の転など諸説あり。

 

ツガの学名由来

「Tsuga」=和名が由来。
「sieboldii」=シーボルトの の意。

 

ツガの別名

トガ、トガノキ、ツガノキ

 

ツガの分類

針葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ツガの分布

福島県以西の山地

 

ツガの葉の特徴

葉の長さは1~2㎝程度。形は線形で互生し、螺旋状に付く。
葉先は円形か少し凹み、基部には短い葉柄がある。
表は濃緑色で光沢がある。
裏は二本の紛白色をした気孔帯がある。

 

ツガの花の特徴

雌雄同株で、雄花は4㎜程度の球形で、前年枝に付く。
雌花は紫褐色の球形で、若枝の先に咲く。

 

ツガの実、種子の特徴

2~3㎝の球形で、10月頃に熟す。
晴れの日は松かさが開き、雨の日は閉じる。

 

ツガの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色~灰褐色で、網目状に裂ける。
マツ類に似る。

 

ツガの育て方

ツガの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ツガの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

ツガの管理方法

耐寒性があり、日陰にも強い。病虫害も少ない。
成長は遅いが大きくなるので、植える場所はスペースが必要。

 

ツガの病虫害

・ツガカレハ
成虫の開張は5~8㎝程度。体および翅は灰褐色。
老熟幼虫は7~8㎝で全体黄褐色。黒色の剛毛がある。
年一回発生で、寒冷地では二年に一回発生することもある。
幼虫越冬し、5月頃から食害をはじめ、6月が被害のピークになる。
7~8月には成虫が発生し、新葉に産卵する。
孵化幼虫は葉を食害し、11月頃には地表に降りて越冬する。
防除は幼虫発生期に薬剤散布する。

 

ツガの豆知識

和風の庭に植栽される樹種。

材はやや堅く、建築の装飾材に使われる。
パルプ原料にも使われる。

葉に斑が入る「斑入りツガ」という品種がある。

 

コメント